ピッコマ|皇女、反逆者に刻印する【第14話】のネタバレ・感想!

漫画「皇女、反逆者に刻印する」はIRINBI先生の作品です。

正式にイヴの専属騎士となったミカエルが彼女と共に皇帝との謁見を経た後に洗礼を受けましたが・・・その直後に酷い命令を下されてしまいます!

さらに、そんなイヴとミカエルの情報はブリジッテの耳にも届いており、彼女もまた何か企んでいるようです・・・。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 皇女、反逆者に刻印する【第14話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

皇女、反逆者に刻印する【第14話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

皇女、反逆者に刻印する【第14話】のあらすじ

皇帝からの洗礼を受けた後、ミカエルに下された命令とは、あまりにも酷い内容でした!

ドミニク皇帝「口づけしろ、私の足に!」

それは200年も前に奴隷に強いていた、屈辱的な行為であることをイヴも知っています。

しかし、ここでイヴの方から口出ししてしまっては、さらにミカエルを苦しめることになってしまいます。

結局、イヴの方から止めることなど出来ないまま、ミカエルは皇帝からの卑劣な命令に従ってしまうのでした・・・。

 

皇帝との謁見が終わってからは、再び外で二人きりとなります。

イヴ「大丈夫・・・!?」

ミカエル「あの時とは、全然違った!」

ミカエルのことを気遣いながら声をかけますが、ミカエルからはイヴから刻印を受けた時にも「こんな気持ちにならなかったのに!」と辛い表情に変わります。

そんな彼に優しく触れるイヴ・・・

イヴ「ご苦労様!よくやったわ。これからは私があなたを守る!」

そして、先程のような思いは二度とさせないことをミカエルの前で誓います。

それから一緒に部屋に戻る中、ミカエルの中にも不思議な想いが表れ始めます。

ミカエル「どうしてだろう?あんたと一緒なら、大丈夫・・・そんな気がするんだ」

自分でも理解できない感情に対して、すこし戸惑っている様子です。

皇女、反逆者に刻印する【第14話】のネタバレ

イヴとミカエルが皇帝との謁見を果たしていた間、ブリジッテにも、その情報が既に入っている状態でした!

そんな彼女の前に3人のお偉いさん方が集まっています。

①チャンスリー侯爵(帝国三大商団主の一人でブリジッテの政治資金源)

②レームカル伯爵(帝国軍需産業の第一人者)

③プリッツ子爵(レームカル侯爵家の策士)

あのイヴが「ミカエルを自分の専属騎士にしたこと」の話題をチャンスリー侯爵から持ち出されます。

この3人はイヴが専属騎士を得ただけでも動揺している様子でしたが、ブリジッテだけは違い、至って冷静です。

ブリジッテ「専属騎士を置いたところで、何が変わると言うのですか?」

彼女は以前の大きな変化や専属騎士のことだけで、イヴもまた「皇位継承戦かな名乗りを上げるのだろう」と見抜いていたのです!

ブリジッテ「そんな小娘に気を揉む必要は、ありませんわ!」

今の彼女にとってはイヴのことなど、まるで眼中にないようですが・・・この3人と一緒に何か大きな計画のことで話し合っています。

そんな中、少し離れた位置に立っているブリジッテの専属騎士は、イヴの専属騎士(ミカエル)に興味津々な様子を見せていました・・・。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

皇女、反逆者に刻印する【第14話】のみんなの感想

結局は皇帝からの卑劣な命令に従うしかなかったミカエル・・・イヴの抱いた「何もできない自分へのもどかしさ」に共感した読者も多かったのでは、ないでしょうか?

一方、ブリジッテの耳にもイヴと専属騎士の情報が入ったものの・・・彼女には、それらを遥かに凌駕するほどの大きな計画を企んでいる様子で、少し不安になってしまいますよね!

まとめ

「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です