ピッコマ|皇女、反逆者に刻印する【第32話】のネタバレ・感想!

漫画「皇女、反逆者に刻印する」はIRINBI先生の作品です。

今朝もまた、イヴの前に挨拶に来るミカエルでしが、今日はいつにも増して、彼女が美しく見えてしまいます。

しかし、そうした評価とは裏腹に、イヴ本人の方は内心で早くも疲れ果てていました・・・。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 皇女、反逆者に刻印する【第32話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

皇女、反逆者に刻印する【第32話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

皇女、反逆者に刻印する【第32話】のあらすじ

今朝もまた、イヴの前に挨拶に来るミカエルでしが、今日はいつにも増して、彼女が美しく見えてしまいます。

さらに、この朝はイヴが栽培したハーブを使った紅茶をご馳走されます。

そうした中、イヴの今日の予定をまだ聞かされてないミカエルですが、定期的に皇女たちが集まる「ティータイム」があることを聞かされます。

その「皇女のティータイム」とは、成人した皇女たちが一堂に会して政治的な議論を行う場でした。

 

しかし、それはあくまでも建前でしかありません。

実際は皇女たちが集まり、心ゆくまで「大きな声で言えない話」に花を咲かせる場でした。

そんな主な話題は「専属騎士たちの品定め」でも、ありました。

そのために、このティータイムには「専属騎士たちを同席させないこと」が暗黙のルールにもされています。

そうしたことも加わり、イヴにとってはもう疲れていたのです。

しかし、ミカエルが不満そうな表情を露わに出していた様子に気づいたイヴの方から話題を変えます。

今日のミカエルの仕事はもうないため、宿舎に戻ることを命じますが、彼の方は「コロッソアリーナ」にいることを告げられます。

皇女、反逆者に刻印する【第32話】のネタバレ

イヴが定期的なティータイムに行かなければならないことで、ミカエルからコロッソアリーナにいることを伝えられます。

ミカエル「いつでも、お呼びください」

日頃から聞いている言葉なのに、今日は何故か重みが感じられます。

さらに「貧民移住」の件で、ブリジッテからの仕返しにも警戒するイヴは、使いの者たちにも十分に注意を払うように命じておきます。

不安な気持ちを消せないまま「ティータイム」に向かいます。

 

一方、イヴに伝えたとおりにアリーナにいるミカエルは、他のホムンクルスたちの訓練を見つめながら、あることを考え込みます。

皆が剣の腕前はかなりのものでありながら、全くと言っていいほど、周りが見えていないのです。

そのため、戦闘中に邪魔が入れば、一気にペースが乱れてしまうことを直感しています。

そんな彼に対して、ミラージュの方から声をかけてきます。

ミラージュの方もまた、ミカエルが訓練もせず立ったまま考え込んでいる様子に気づきます。

ミカエル「ホムンクルス同士の共闘なんてものは、夢のまた夢だなって・・・」

そう話す中で「魔晶石の採掘量が減少していること」を危惧しています。

この状況では、もうすぐ「魔龍の討伐」が行われますが、今のホムンクルスたちの状態では犬死にしてしまうことが目に見えているようでした。

ミラージュ「お前が他人を気遣う奴だとは、知らなかったよ」

そう言われてミカエルも、他のホムンクルスたちを心配する自分に気づきます。

しかし我に返ったのも束の間・・・2人のホムンクルスたちから「皇族からの呼び出し」と称して連行されてしまいます。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

皇女、反逆者に刻印する【第32話】のみんなの感想

皇女たちの間では定番化した「ティータイム」ですが、確かにイヴにとっては苦痛でしかありませんよね・・・。

一方、ミカエルに対しても急な呼び出しが来てしまいますが・・・これこそが、ブリジッテの企みであることは、ほぼ予想できてしまえますよね。

まとめ

「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です