ピッコマ|皇女、反逆者に刻印する【第38話】のネタバレ・感想!

漫画「皇女、反逆者に刻印する」はIRINBI先生の作品です。

前回までの事件から、やっと帰ってきたイヴとミカエルは、セデラーたちとのお茶を満喫する中で「2人きりの夕食」へと流れていきます。

そんな中でイヴの方から思いがけぬ提案をされるのですが・・・!?

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 皇女、反逆者に刻印する【第38話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

皇女、反逆者に刻印する【第38話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

皇女、反逆者に刻印する【第38話】のあらすじ

前回までの騒動から帰ってきたイヴとミカエルは皆とのお茶を満喫する中、セデラーもまた責任を感じながら謝罪します。

セデラー「今後は皇女様に今回のような被害が及ばぬように、さらに気をつけて参ります」

そんな彼女に同調するかのように、他の使用人たちも決意を改めるように強調しながら叫びます。

 

そしてセデラーからの話題が夕食のことに変わりますが、今日は色々とあり過ぎて疲れているだろうと「ミカエルと一緒に摂っては?」と勧められます。

イヴ「寝室で2人きりで食事・・・!?」

それでも、これも仕事の延長線と捉えながら同調します。

この瞬間に使用人たちも大いに張り切りながら、ミカエルを入浴させるなど、手際良く準備を進められていきます。

ミカエルもまた、皇宮で名誉を回復するには、これが最善と意識しながら応じます。

 

入浴や、その後の着付も済ませてからセデラーにより案内されます。

イヴ「いらっしゃい」

イヴもまた、白づくめの寝着に身を包んだ状態で笑顔で迎えてくれるのですが・・・!?

皇女、反逆者に刻印する【第38話】のネタバレ

2人して寝室に入ってから、さっそく夕食が始まります。

用意されていた夕食の美味しさに満悦したミカエルの様子を見たイヴの方から、これからも時々こういう時間をもとうと提案されます。

ミカエル「あんたが望むなら・・・」

イヴ「じゃあ、決まりね」

一見はお互いに同意していたように見えるものの、ミカエルの方はイヴが何を考えているのか分からない気持ちもありました。

また、前回で録画していた見張りゴーレムもイヴが管理して持ち続けることに対する心配もありましたが、これは皇室財産の不法占有にもなるため心配されますが、イヴの方からは儀典部にアルベンがいるため心配ないことを強調します。

さらにイヴの中では、このゴーレムの使い道もまた考えているそうなのです。

そんな中で使用人たちがイヴたちのためのお茶を淹れに来てくれましたが、彼女の方から自分で淹れることを告げることで、すぐに去らせてしまいます。

 

始めはゆっくりお喋りでもしようと言われる中で、思いがけない提案をされます。

イヴ「今夜、泊まっていかない!?」

その提案に対して、ミカエルの方は言葉を失ってしまうのです。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

皇女、反逆者に刻印する【第38話】のみんなの感想

前回までが本当に大変だったため、今回はセデラーたちも含めての憩いの回でしたね。

しかし、そうした憩いの時間が長く続くわけもないことは予想ついてたものの・・・まさかイヴの方から泊まっていく提案をされるとは、かなり予想外な展開に進んでいきそうで楽しみであると同時に、少し怖い展開でもありますよね!

まとめ

「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です