ピッコマ|皇女、反逆者に刻印する【第40話】のネタバレ・感想!

漫画「皇女、反逆者に刻印する」はIRINBI先生の作品です。

イヴの手配により届けられた新しい剣に、ミカエルの満足度も高い中、彼女の方から叙任式を開いてくれます。

しかし2人だけの楽しい時間も長くは続かず・・・それぞれの専属騎士たち同士で競い合う「魔獣狩り大会」が始まります!

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • 皇女、反逆者に刻印する【第40話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

皇女、反逆者に刻印する【第40話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

皇女、反逆者に刻印する【第40話】のあらすじ

イヴの手配により届けられた新しい剣を見たミカエルは見惚れるように感嘆します。

ミカエル「素晴らしい・・・」

しかし高い満足感を示す一方で「魔獣狩り大会」が目前に迫っていることを話します。

「魔獣狩り大会」とは、結界によって多くの魔獣たちが閉じ込められた島(ガラパゴン)で皇女たちの専属騎士たちにより競い合う大会です。

その大会では島内で狩った魔獣たちの点数を合計して優勝者が決まります。

しかも魔獣は錬金術において欠かすことのできない材料であるため、収穫祭であると同様にハーデルラミド帝国でも「最重要行事」とされているのです。

 

ミカエルに対して、イヴの方から剣を持ちながら応接間へと連れていきます。

応接間で向かい合う二人・・・

イヴ「そなたはハーデルラミドの剣、そして盾となり、あらゆる危険から我を守ることを・・・ここに誓うか?」

剣の先を床に当てながら長々と話しますが、これは「騎士の誓約」です。

ミカエル「誓います。たとえ我が命に代えてでも、最後までお守りします。この命尽きるまで、全身全霊であなただけに仕えることを誓います」

イヴ「よろしい、ミカエリス・アグニドを専属騎士とす」

そう告げた後、剣をミカエルの両肩に当てますが、これはイヴにとっての「叙任式」であり、彼のためにどうしてやってあげたかったのです。

そして叙任式は騎士にとっては「最重要儀式」と言っても過言ではありません。

ミカエルの方も、ここまでしてもらえたことでのお礼をしたいと言いますが、そこでイヴから出てきたリクエストとは「魔獣狩り大会で上位にランクインしてほしい」というものでした・・・。

ミカエルからすれば、1位でなく「上位」という言い方に少し違和感を抱くものの、それでもイヴのために最善を尽くすことを誓ってくれました。

皇女、反逆者に刻印する【第40話】のネタバレ

イヴが開いてくれた二人きりの叙任式から、あっという間に「魔獣狩り大会」の日がやってきます。

会場となる島では皇女たちや各々の専属騎士たちが集まっています。

見るからに禍々しい雰囲気を放つ島ですが、ここは強力かつ凶暴なことで知られる魔龍「ガラムート」が生まれた場所でもあります。

イヴ「ご武運を・・・」

自分の髪に巻いていた青いリボンを外して、ミカエルの剣に巻いてあげます。

ミカエル「行って参ります!」

そんなイヴからの好意に、ミカエルも笑顔で返す中、そうした温かい状況を同じ会場内に来ているブリジッテたちが睨みつけています。

 

そして開始と同時にミカエルを始めとした専属騎士たちが出発する中でも、イヴは彼の無事を祈ります。

一方、そんな彼らの気配を島に生息する魔獣も気づいていました。

魔獣「ホムンクルス・・・皆殺しだ!」

その魔獣は不気味かつ怖い目つきで待ち構えています。

>>皇女、反逆者に刻印するのネタバレ一覧はこちら

皇女、反逆者に刻印する【第40話】のみんなの感想

新しい剣だけでなく、叙任式までしてくれるなんて、イヴの優しさや本当にミカエルのことを大切に思っていることが再認識できた場面ですね。

しかし、そんな良いムードも長くは続かず、あっという間に「魔獣狩り大会」という不気味な雰囲気に変わってしまいましたね。

イヴからのリボンでミカエルも気合い入っているのでしょうが・・・そんな彼らの気配に気づいて睨みつけている者こそが魔龍「ガラムート」なのでしょうね・・・。

まとめ

「皇女、反逆者に刻印する」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です