この音とまれ!【第95話】のネタバレ・感想!

漫画「この音とまれ!」はアミュー先生の作品です。

吉永の音を生かすために自分の爪を変える提案をした百谷に対し、部員一同が感動します。
その形でさっそく部員全員で音を合わせてみると、これまでとは明らかに違う音が出るのです・・・。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

▼31日間無料&600P 今すぐ読める▼
U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第95話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

この音とまれ!【第95話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

この音とまれ!【第95話】のあらすじ

吉永は百谷の言うことがまだ理解しきれません。

吉永「な、なんで!?」

百谷「お前の音は生かした方が曲が面白くなると思っただけ・・・」

彼自身は自分の音には何の思い入れもないと言うのです。

 

そのことは放課後の部活が始まってから、愛たち全部員をも驚かせます。

愛「お前っ!本当にすっげぇな!?」

これまで愛たちは吉永の音に関しては本人で何とかするしかないと思ってきた矢先に百谷からの提案に対して感動してしまうのです。

百谷「音質が合わないのって別に謝ることじゃねぇから、個性だから!お前は堂々と弾いてりゃ良いんだよ」

その台詞に部長と副部長は涙目まで流してしまいます。

そして吉永もまたすぐに弾きたい気持ちに駆られます。

吉永「あの、百谷くんの新しい音と合わせてみて良いですか?」

彼からの申し出に感激した部員たちもすぐに同意して演奏の準備にかかります!

この音とまれ!【第95話】のネタバレ

百谷が自分の爪を変えての初演奏が始まる直前、時は1ヶ月半前に遡ります・・・。

職員室で晶先生が滝浪先生に対し、吉永の音に関して既に相談していたのです。

以前の合宿の時にさとわ達とも話し合い、1人だけ音質が大きく違っているため、今のうちに爪を変える提案をしていたのですが、滝浪先生からはすぐに却下されます。

滝浪先生「面白いでしょ?アイツ(吉永)の音・・・」

彼の音が上手くハマれば音質の幅が広がることを指摘しますが、晶先生の方はこのままでは吉永の音だけが浮いてしまうと心配でなりません。

滝浪先生「いるじゃないですか、1人・・・音にまだ顔のない奴が」

それは紛れもなく百谷のことを言っていたのです。

 

そして時は再び現代に戻り、部員全員による演奏が始まります。

百谷「お前の音がお前の音のまま、浮くんじゃなくて生きるように・・・」

演奏が始まった途端に愛たちは、これまでに感じられなかった音と手応えに感動します。

愛「すげっ!吉永の音って合わさる音次第でこんなによくなんのか!?」

百谷「このまま4 パートのところ・・・」

確かな手応えを感じた部員たちはこのまま4パート目に入り、自分たちの求めてきた完成形が見え始めてきます。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める▼
 U-NEXTで「この音とまれ!」の単行本を無料で読む

この音とまれ!【第95話】の感想

あの百谷がここまで部員たちのために動いてくれるなんて・・・本当に良い方向に変わり続けてますよね!

ただ吉永の音の良さに気づいていたのは滝浪先生も同じで彼もまた部員たちでこの問題を乗り越える瞬間を待っていたのかもしれませんね!
今回のことで愛たちが本当に完成形に辿り着けることを祈りたいものです。

まだ読んでない人は是非無料で読んでみてください!

まとめ

以上、「この音とまれ!【第95話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

下記のページで漫画を無料で読む方法を紹介しています。

この音とまれはU-NEXTmusic.jpFODで配信されていましたので、詳しくサービス内容を次の記事で紹介していますので、合わせてご覧になって見てください。

>>「この音とまれ!」の単行本を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です