公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

リアンドロの嘆きも知らぬまま、イベリナは歩き続けておりました・・・。
翌日から本格的に豪華な馬車に乗って出立しますが、その矢先に思いがけぬ人物が迎えに来るのです!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のあらすじ

リアンドロの悲しみも知らぬまま、イベリナはロレンゾへの申し訳ない気持ちを噛みしめながら夜遅い時刻の暗い街並みを歩き続けます。

それでも今はリアンドロにこれから起きる状況を知っている故に呑気に恋などしていられません。

イベリナ「今は圧迫のせいで少し離れるけどいつかまた戻ってくる!」

決意を固めながら歩いて停留所に辿り着くものの、夜遅い時刻のために今日の馬車が全て終わったことを告げられてしまいます。

 

仕方なく今夜は近くの宿に泊まるものの、その時にもリアンドロへの心配心は消えませんでした。

イベリナ「どうか原作みたいに最悪の事件だけは起こさないで!」

彼もまたエレオノラとの再会を果たしており、それにより自分のことなど忘れるものだろうと自信に言い聞かせ続けます。

 

 

翌朝になると、さっそく予約しておいた時刻の馬車に乗るため再び停留所を訪れたイベリナを待っていたのは、これまでに見たことのないほどの豪華な馬車と優しい雰囲気の老夫婦でした・・・。

公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のネタバレ

あまりにも予想外であった豪華な馬車に乗り込もうとするイベリナに対して、優しい雰囲気の老夫婦が声をかけてきます。

イベリナの方もまた愛想よく対応して自分が南部に向かうことを話しますが、現在の南部は治安が悪いことで有名であることを聞かされます。

ちなみに帝国に流入したアンブロセティ人たちが先日にも暴動を起こしたと言うのです。

それを聞いたイベリナもまた、南部との境界の領土は元々アンブロセティ王国の所有地であることを思い出します。

イベリナ「今頃エレオノラこお兄さんのアンブロセティ国王が独立のため、密かに動いていそうだな」

自分自身にも突発的なことが起き過ぎていたために、この小説の時代背景をすっかり忘れてしまっておりました・・・。

 

この老夫婦と一緒に豪華な馬車に乗っての移動はイベリナ自身にとっても楽しい時間でしたが、初めての長時間移動に慣れていないせいで南部に到着した夕方の時間帯には、すっかり馬車酔いをしてしまいます。

そんなイベリナを老夫婦も心配してくれますが、この先からの目的地がお互いに異なっているため、ここでお別れとなります。

 

再び1人きりとなってしまったイベリナが南部の街中を歩き続けている中で・・・

イベリナ「リリアナ!?」

思いがけぬタイミングでの思いがけぬ人物との再会によって驚きます!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第42話】のみんなの感想

優しい老夫婦との出会いと同行は疲れ果てたイベリナにとっては、大きな癒しになったはずです。

馬車酔いにもめげずに南部の街を歩く中で久しぶりに登場したリリアナですが・・・イベリナにとっては驚いてしまうのも無理ありませんよね!

そしてリリアナが南部にまで訪れてイベリナの前に現れた目的とは・・・やはり、1つしかありませんよね!

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です