ピッコマ|公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

強盗集団からの襲撃や久々の野宿も乗り越えた末、イベリナはリアンドロたちと共に3年ぶりとなる公爵邸への帰還を果たします。

かつてメイドとして働いていた頃にはとても想像すら出来なかった程に豪華な夕食やオモテナシを堪能しますが・・・!?

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のあらすじ

前回までの強盗集団からの襲撃や久々の野宿を乗り越えながら移動していくイベリナたちは次の村でやっと新しい馬車を購入でき、それからは順調に進んでいきます。

そうして走り続けて数時間後に、やっと公爵邸に帰還できました。

 

この時は既に夕方となって暗くなり始めていたものの、イベリナにとっては3年ぶりにもなる邸宅の広大な庭園を見ただけでも大きく感心してしまうのです。

自分があんなにまで広大な庭園の掃除を続けていたんだと改めて感心しながらリアンドロと一緒に邸宅内にも入りますが、この時にお出迎えしてくれた執事や使用人たちも完全に新しい人材に入れ替わっており、イレナ夫人を始めとしてイベリナの知っている人は1人もいなかったのでした。

 

すぐにイベリナ用のお部屋に案内されますが、かつてメイドとして寝起きしていた場所の倍以上も誇る広さや豪華さに驚かされます。

入るとすぐに初めて出会ったセレナという名のメイドがお風呂の準備をしてくれますが・・・

セレナ「敬語なんて使わないでくださいー!」

イベリナ「あっ、うん」

リアンドロが貴族としての地位を購入したことによって、イベリナも今ではこの邸宅の主の1人なのです!

イベリナ「はあ、子爵領でもそうだったけど人生って何が起こるか分からないものね・・・」

メイド時代の頃とはあまりにも大きく違いすぎる待遇に戸惑いながらも、セレナからのマッサージも受けながらお世話つきの入浴タイムを満喫します。

本当に今までの苦労がまるで嘘であったかのように思える程のオモテナシに満足してしまいますが、この後からはリアンドロとの夕食が待っております。

 

メイドたちにお色直しまでされた後に神秘性を醸し出すかのような青いドレスを身に纏ったイベリナの姿にリアンドロも思わず惚れなおしてしまいます。

リアンドロ「天使が舞い降りたのかと思った!」

まるで歯の浮くかのような口説き台詞すら平然と言えるようになってしまったリアンドロに対して嬉しいと同時に少し複雑な思いを寄せますが、お風呂やドレスに続いて夕食においても予想を遥かに上回るような豪華さで、またしても驚かされることになるのです・・・。

公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のネタバレ

夕食を用意させた別の部屋に移動しますが・・・

イベリナ「こんな晩餐、毎日召し上がるんですか?」

リアンドロ「うん、これからはお前もな!」

イベリナの前には、とても2人だけでは食べきれなさそうな量による豪華な料理が多く並んでおりました。

イベリナ「わあー!これは憑依する前も食べたことない!」

始めは太ってしまうことを強く心配するものの、美味しいステーキを一口食べただけでも完全に虜となってしまうのです。

イベリナ「食べ物で私を誘惑してるじゃないですか!」

リアンドロ「こんなもので揺らぐって分かったら・・・もっと早くこうしてたのに。まあ良い、僕の側に戻ってきたんだ」

嬉しそうな笑みを浮かべながら、これからはどんな手を使っても絶対に離さないことを自身の中で誓います。

さらに、かなりストレートな口説き文句が始まります。

リアンドロ「頼むから、ちょっとは僕に落ちてくれ」

夕食が済んでからも一緒に廊下を歩きますが、3日後に帝都で開催される本格的なフェスティバルや舞踏会のことを聞かされて誘われます。

イベリナの方も行きたい気持ちはあれど、どうしても心のブレーキがかかり始めてしまうのです。

イベリナ「でも私がそんな場所に行ってもよいのか・・・」

リアンドロ「言っただろ!お前はもう貴族なんだ」

まだ貴族になったことを完全に受け止め切れずにいるイベリナの手をリアンドロが優しく握ってきます。

メイドや使用人などを全員違う人材に変えたのも彼女が戻ってきても気を使わなくても良いようにするためだったのです。

リアンドロからは、これこそが自分の呪いを解いて命まで救ってくれたイベリナが受けるべき報酬であると言われます。

イベリナ「ありがとうございます」

ここまで言われたことでイベリナの方もやっと受け取めます。

 

翌日から3日間、リアンドロたちはこれまでに溜めてしまっていた仕事を処理することで忙しくなり、イベリナと顔を合わすことも殆ど出来ずにいました。

1人でお茶を満喫するイベリナは少し離れた位置に見える工事中の建物が気になって側についているセレナに質問しますが、リアンドロが南部にだけ咲く花を持ってくるために作ったらしいのです。

それにより、イベリナもまた「温室」か何かと考え始めますが自分の目前を懐かしい顔の男性が通り過ぎます。

イベリナ「あれは・・・ロレンゾ!?」

彼もまた以前までとは違ってタキシードを着用しているものの、かなり忙しそうに駆け回っている様子です。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第61話】のみんなの感想

やっと3年ぶりの帰還を果たしたイベリナですが、たしかにメイドとして働いていた頃には想像すら出来なかった程の豪勢な夕食やお部屋にオモテナシでしたね!

リアンドロからはまたしても「貴族になったこと」を告げられますが、これまで平民として生きてきたイベリナにとっては、なかなか受け止めきれない気持ちがあることにも何となく共感してしまいます。

そして、思いがけぬタイミングで久しぶりの登場を果たしたロレンゾですが、彼にもまた大きな変化が見られましたが、それはやはりイベリナやリアンドロによる影響が大きいのでしょうね!

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です