ピッコマ|公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

ついに舞踏会の会場に足を踏み入れたイベリナとリアンドロですが、同じく入ってきたエレオノラには前回の社交会の時から続くような形で悪口ばかり浴びせられます。

さらにはワザとぶつかられて倒れそうになってしまいますが、そんなピンチの彼女をイベリナが助けるのですが・・・!?

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のあらすじ

イベリナとリアンドロより少し遅れる形で、リリアナとリカルドもまた白いタキシードに身を包んで入ってきます。

しかし待機中でも女性たちから注目を浴びるのはリリアナの方ばかりであり、リカルドの方は少し納得いかない様子です。

それでも会場内をゆっくり歩くイベリナとリアンドロを見守りながら、警備の任務を始めます。

 

そしてリアンドロと一緒に楽しく会話しているイベリナは近くから響いてくる歓声の方へと向きます。

 

その先にはゴージャスなドレスを着用してティアラまで装着しているエレオノラの姿がありました。

しかし、本人の方はかなり浮かない表情をしています。

前回の社交会の時と同じく、周囲の女性たちから聞こえるように悪口の嵐がふりかかってくるのです。

その女性たちは自分たちの王国をアンブロセティ人に略奪されたことの恨みを完全にエレオノラ1人にぶつけています。

イベリナ「いくら何でもひどい!そもそも王国を侵略したのは帝国でしょ!」

更には、そのせいで何の罪もないリアンドロが苦しんできたのです。

イベリナの苛立ちをよそに、女性グループの方がエレオノラに絡んできます。

エレオノラの方は酷い言いがかりをつけられた後に、わざとぶつかってこられた反動で倒れそうになりますが・・・

イベリナ「大丈夫ですか?」

イベリナがすぐに向かって倒れそうになるエレオノラを支えてあげますが、彼女自身も斜めの態勢になっているため、2人一緒に倒れそうになってしまいます。

リアンドロ「お節介な奴・・・」

そんな2人をリアンドロが腕で支える形でスマートに助けてくれました。

リアンドロからの「お節介」という言葉が原因で言い争いになる中、エレオノラの方から声をかけてお礼を告げてきます。

さらに名前まで聞かれたため、イベリナの方も真っ先に自身の名を名乗りますが、リアンドロの方は少し違っています。

エレオノラ「こちらの紳士は・・・あ、前にお見かけしましたね!」

リアンドロ「そうですか?」

まだ呪いをかけられた幼き頃に自身をけなしてきたエレオノラに対して、目を合わせようとすらしません。

それでもエレオノラの方は、彼がリアンドロであることにすぐ気づきます。

ただ、リアンドロの方が自分の方を見てくれないことにも気づいたことで、またしても浮かない表情を浮かべてしまいます。

 

かなり気まずい雰囲気になってしまっている中、板挟みにあっているイベリナが何とかしようとする中、奥の方のドアが開きます。

「偉大な皇帝陛下が、いらっしゃいました!」

開いたドアから皇帝陛下と、白い正装を纏うデェエゴも入場してきます!

イベリナ「あの人が皇帝・・・原作どおり、すごく威圧感がある!」

イベリナにとって、実際に皇帝陛下を見るのは、これが初めてとなります。

その皇帝は息子のディエゴにソックリなのでした!

公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のネタバレ

リアンドロやエレオノラと横に並びながら、皇帝陛下の方を見るイベリナですが・・・

イベリナ「なにっ!?今、私を見たのかな?」

皇帝陛下がまるで睨みつけるかのように、一瞬だけイベリナの方に視線を向けたのです!

イベリナ「違うよね・・・きっと両隣にこの2人がいるからだわ!」

皇帝陛下の方が決して自分などでなく、リアンドロやエレオノラの方を見ただけと、都合良く解釈します。

 

そんな中で皇帝陛下が自らワインの入ったグラスを持ちます。

皇帝陛下「遠い所から、はるばる来たんだ。思う存分、楽しむと良い!神の祝福をそなたたちに・・・」

出席者たち「偉大なる帝国と皇室の栄光に乾杯!」

皇帝陛下からの言葉に続くように、出席者たちもグラスを持って乾杯します!

 

しかし、ここから楽しい舞踏会が始まると思えたのも束の間・・・皇帝陛下がエレオノラとディエゴを呼んで舞台の上にいる自分の方へ来るように命令します。

2人が名指しで呼ばれたことにより、大勢の出席者たちが驚きますが、何故この2人が呼ばれたのか分かっていたようです。

イベリナもまた、この舞踏会の中でエレオノラとディエゴの婚約発表をされる展開を分かっていたのです。

イベリナ「このシーンを実際に見ることになるんだ・・・」

小説の中でも最も大きな山場となる場面を読者であった自分も見られることに感激する中で、ディエゴがエレオノラでなく、イベリナの方に視線を向け始めます。

ディエゴ「この女・・・男爵家で会った、あの生意気なメイド?」

以前会った時と違い、メイド服ではなくてもイベリナであることに気づいたディエゴがらまるで彼女を睨みつけるかのように見続けます。

イベリナ「まさか、私に気づいた!?」

ディエゴ「やっと見つけた!」

気づかれたことに驚くイベリナとは真逆に、ディエゴの方は彼女をやっと見つけられたことが嬉しいかのように、無邪気な笑みを浮かべます。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第66話】のみんなの感想

ついに舞踏会が始まりましたが、いきなりエレオノラとの対面を果たした上に、皇帝陛下をも実際に見ることになるなど・・・開始早々から大きな出会いばかりを果たしてしまった感じですね!

しかし、ディエゴからのイベリナへの視線と笑顔を妙に気になりますが、人を睨みつけるように見ることに関しては親子で似たもの同士なのかもしれませんね。

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です