ピッコマ|公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

フェスティバルからの帰り道・・・イベリナとリアンドロの愛はまた少し深まります。

しかし、そうした幸せを打ち砕くかのように、皇宮から「舞踏会への招待状」が再び届きます・・・。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のあらすじ

前回のフェスティバル会場で出会った出店のおばさんから言われたことで大きく照れるリアンドロを茶化すイベリナですが、彼の方も負けてはいません。

リアンドロ「あんまり刺激するな!ずっと、そんなことするなら・・・僕が先に食べちゃうぞ!こう見えても、すごく我慢してるんだ!」

その台詞で今度はイベリナの方が赤くなってしまいます。

イベリナ「リアンドロってば、いつの間に猛獣になっちゃったのー!」

そこまでで2人は宿泊先のお城に戻ります。

 

リアンドロは先程の言葉は気にしないように言ってきますが、あの時は彼も「自分が男として見られていない」という辛さや悔しさが立ち込めていたようです。

しかし、イベリナはそのことをキッパリ否定します!

イベリナ「男に見えすぎて、困ってるんですよ!」

イベリナにとっては、幼少期の頃からお世話してきた身であり、あの頃の子供がこんなにまで「大人の男」に成長した上、自分をこんなにまで愛してくれていることが本当に嬉しかったのです。

イベリナ「男に見えないはずがないでしょう・・・」

リアンドロ「分かった!お前が心の準備ができるまで待つ!」

そう言い合いながら再び抱きしめ合います。

リアンドロ「イベリナ、好きだ!いや・・・愛してる!」

イベリナ「私も・・・」

彼女にとっては、ここまで健気な告白をエレオノラがどうやって断ったのかも気になってしまいます。

 

しかし、そうした幸せな時間はやはり長くは続かず、メイドが血相を変えながら走ってきます!

彼女からの話では「皇太子の使いの者が来た」と告げられ、預かってきた手紙を手渡されます。

部屋に入ってから開封し、まずはリアンドロの方から先に手紙を読みますが・・・

リアンドロ「ふざけやがって!お前を舞踏会に招待するだとさ!」

今度は皇帝陛下でなく、ディエゴからの招待になります。

そのため、イベリナも断る方向で考えますが・・・!?

公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のネタバレ

今度はディエゴから「舞踏会の招待状」が届いてしまいました!

そのため、イベリナも断る方向で考えますが、そうすると手紙を預かったメイドが叱られてしまうと言うのです。

イベリナ「分かりました・・・参加します!」

その意見でリアンドロは驚かされますが、イベリナの中では「避けることだけが正解」でないことや、自分が隠れることでディエゴが更にムキになるだろうと悟ったのです。

イベリナ「せっかくですし、また一緒に踊りましょう!」

リアンドロが側にいてくれれば安心だと割り切りますが、その舞踏会は今夜のため、メイドから準備を早急に済ませるように言われます。

それでも、やはり不安が完全に消えたわけでもありません。

イベリナ「早くエレオノラに惚れて、私への関心をなくして!」

まるで神にすがるかのように祈りながら、準備に入ります。

 

そして、リアンドロ再び舞踏会の会場に入りますが、大勢の出席者たちの中でもディエゴは一際目立って見えます。

イベリナ「権力を武器に人を呼び出して・・・」

ディエゴを見ながら、本当に「親子そっくり」であることを実感します。

そう思いながらディエゴの方ばかり見ていると、リアンドロもイライラしています。

リアンドロ「僕はアイツ(ディエゴのこと)が嫌いなんだ!」

イベリナとは少し違い、リアンドロの方はディエゴへの怒りをかなり露わに出してしまっています。

 

そんな彼から、先ほどメイドが手紙を持ってきた時に言いかけていたことを聞かれます。

イベリナ「私も好きです!これで良いでしょう?」

リアンドロ「うん!」

再び寄り添う2人に、出席者の女性が走ってきますが、足を滑らさせて持っていたシャンパンが2人の方に飛んでしまいます・・・。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第72話】のみんなの感想

フェスティバルによって、イベリナとリアンドロの愛がまた少し深まったのも束の間・・・またしても「舞踏会の招待状」が来るなんて、皇帝陛下もディエゴも水を指してくるのが、かなり上手いですよね。

確かにイベリナが感じたとおり、皇帝陛下とディエゴの親子はかなり「似た者同士」のようですね!

結局はその舞踏会にも出席しますが・・・ラスト場面で走ってきた女性は「ディエゴによる差し金」と解釈しても、ほぼ間違いないでしょう。

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です