ピッコマ|公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

前回でエレオノラによって湖の中に落とされて絶体絶命のイベリナでしたが・・・何とか一命は取り留めました!

しかし、そんな悪いタイミングで迎えに来たリアンドロは、そのことで激しい怒りを露に出しながら皇帝の元へ向かっていきます!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のあらすじ

アンブロセティによる問題をひとまず解決できたリアンドロは、すぐにイベリナを迎えに出発します。

しかし、城に入ったものの、自分を案内してくれているメイドの様子が少しおかしいことに気づきます。

彼がイベリナの居場所を聞くものの、そのメイドは言いにくそうな表情をするばかりで、なかなか答えてくれません。

やっと重い口を開いて「今は寝室にいる」とだけ教えてくれますが、その中でリアンドロが見たのは、あまりにも衝撃的な光景でした!

 

前回でエレオノラから押されたことで湖の中に落とされたイベリナですが、死亡することなく、何とか一命は取り留めました。

しかし、長い時間にわたり沈んでいたため、今も高熱で倒れて状態が続いています。

リアンドロ「いったい、どうして?」

先ほど戻ってきたばかりのリアンドロには、何故こんなことになってしまったのか見当すらつきませんが、その最中にリリアナたちも寝室に入ってきます。

リアンドロ「どういうことだ?説明しろ!」

激しい怒りを露わに出すかのような口調で質問するリアンドロに対して、リリアナの方が答えます。

そこで前回でのディエゴやエレオノラと一緒にボートに乗っていたことを知りますが、それだけでは納得できません。

リアンドロ「皇帝だろうと皇室だろうと、ただじゃ済まさない!」

内心で更なる怒りを激しく燃やしながら、今度は皇帝と謁見します。

 

リアンドロはすぐに「エレオノラがイベリナを湖に落とした件」に対する抗議を申し出ますが・・・!?

公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のネタバレ

皇帝に対して、リアンドロはすぐに抗議を始めますが、皇帝からも「起きてはならぬ事故」と告げられると同時に充分な補償をすることを言われます。

しかし、リアンドロにとっては金銭的な問題などでは、ありません。

彼は率直に「エレオノラへの処罰」と「イベリナへの命令の取り下げ」を願い出ます。

しかし「処罰」に対しては、皇帝から却下されてしまいます!

皇帝「もうすぐ皇家の一員になる者に罰はくだせん!」

リアンドロ「王女は人を殺そうとしたんです!」

とうとう激しく抗議するも空しく、皇帝からは「事故」と判断されていました。

エレオノラ自身も故意でなかったことを強調している上、すでに罪悪感で苦しんでいるため、あまり彼女を責めないように言われてしまいます。

リアンドロ「いえ、殺人未遂同様のことを見過ごすわけには、いきません!」

リアンドロの方も負けずに食い下がりますが、もうすぐアンブロセティ国王が到着する状況となっているため、皇帝も今は事を大きくしたくないようです。

そんな彼に対して、今度は皇帝の方から質問されます。

皇帝「あの女の何が魅力なんだ?」

しかし皇帝が「あの女」呼ばわりしたイベリナも今では貴族であり、公爵家の人間です。

リアンドロ「今のは、イベリナに対する侮辱と受け取っても、よろしいですか?」

皇帝からも自分が「脅迫」されているように感じますが、この時点でイベリナへ出していた「滞在の命令」だけは取り下げてもらえます。

しかし先ほど伝えられた「アンブロセティ祝賀視察団」が滞在している期間までは、リアンドロも一緒にこの城に残るように命じられてしまいます。

ここまでで話は終わりとされ、リアンドロは退室させられてしまいました。

 

一方、今でも苦しんでいるイベリナは、自分が湖の中で溺れ続けていた時の夢を見ます。

そんな中でもエレオノラの心の中にある嘆きの声が聞こえていました。

エレオノラ「本当にごめんなさい・・・でも、ディエゴを奪わないで!」

その声には憎しみ以上に悲しみの方が明らかに大きかったものの、イベリナの方にとっては全く身に覚えがありません。

そんな絶体絶命な彼女を助けてくれたのは、やはりディエゴでした。

 

そして目を開けてみると、目前にリアンドロがいてくれて、強く心配されています。

リアンドロ「僕だ!遅くなってごめん!」

先程の怒りとは真逆に深い悲しみの表情でイベリナを見つめています。

少し沈黙が続いた後
、イベリナの方から強く抱きしめてきます!

イベリナ「怖かった・・・」

やっと意識までハッキリ戻ったイベリナを、リアンドロも優しく抱きしめます。

 

同じ頃、エレオノラもまた、イベリナの意識が戻ったことをメイドから聞かされて一瞬は安心しますが・・・

エレオノラ「船の上でバランスを崩したせいよ、絶対にわざとじゃない・・・」

お茶を飲みながらも、自身が起こした「事故」による「処罰」に対する恐怖感で、一気に青ざめた表情に変わります・・・。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第83話】のみんなの感想

色々と大変だったものの、今はひとまず、イベリナが命を取り留めたことや意識が戻ったことだけでも良しとすべきでしょう。

しかし皇帝だけでなく、張本人であるエレオノラまでもが「事故」とだけで済まそうとするなんて・・・これにはリアンドロからの怒りを買うことは当たり前としか言いようがありません!

そして、今回のリアンドロの「怒り」に強く共感した読者も多かったのでは、ないでしょうか?

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です