ピッコマ|公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のネタバレ・感想!

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」はJooahri先生の作品です。

仕方なく狩猟祭に参加したリアンドロとイベリナですが、彼女の方は自分に声をかけてきたクロチルドという女性と出会います。

さらにラファエレと一緒に入ってきたディエゴとも行き合い、気まずい思いをしてしまいます・・・。

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のあらすじ

ディエゴたちから声をかけられたイベリナですが、彼女より先にクロチルドの方から丁寧にご挨拶します。

そしてラファエレの方からイベリナに声をかけてきたため、イベリナも冷や汗をかけながら話します。

イベリナ「あの日、道は分かりましたか?」

ラファエレ「いえ、あの後も随分と迷いました」

そしてラファエレからの視線はクロチルドの方に移りますが、彼女の方もランド伯に会いきたことを丁重に話します。

そんな中で、イベリナとディエゴの目が合いますが、まだ湖の件による気まずさが消えず、お互いに気まずい思いをしてしまいます。

少し話した後に別れますが、ディエゴの浮かない表情を見たラファエレが影で不敵な笑みを浮かべます・・・。

 

再びクロチルドと二人だけで歩いていると、あのエレオノラが数名もの貴族女性たちと一緒にいる所を発見しますが、彼女の顔を見たイベリナの顔が青くなり、立ちくらみを起こしてしまいます。

そんな彼女を見た貴族女性たちが陰口を叩き始めますが、そんな状況の中でエレオノラが取った行動とは・・・!?

公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のネタバレ

イベリナを見ながら陰口を叩き続ける貴族女性たちをエレオノラが止めようとします。

エレオノラ「私なら平気です。私が悪いのですから・・・」

しかし彼女が一言注意したところで、貴族女性は陰口をやめる気配もありませんが、そんな状況の中で、リアンドロが馬を引きながらイベリナに挨拶しに来ます。

リアンドロ「王女(エレオノラ)に何か言われたのか!?」

リアンドロもエレオノラには気づいており、不機嫌そうな表情を露わに出しながら質問してきます。

こういう時だけ勘が良いリアンドロに対して、またもや気まずくなってしまうイベリナですが、ここは適当に誤魔化します。

リアンドロ「何かあったら攻撃するんだぞ!」

この言葉をイベリナは、もう100回近くも聞かされてきましたが、彼にとっては殺人未遂を犯したエレオノラが皇后になることには、どうしても納得いかない様子です。

イベリナ「あまり心配しないでください」

そんな彼を優しい笑顔で落ち着かせようとしますが、それは逆効果であり、リアンドロを更に動揺させてしまいます。

リアンドロ「早く僕の正妻にしないと・・・」

抱きしめながら、さりげなくプロポーズしてきたリアンドロに対して「最高のプロポーズ」を要求したイベリナは、彼を見送り、空いた席でクロチルドと一緒に座りながら観戦に入ります。

 

一方、ディエゴも馬に乗って競技に臨むものの、やはり先ほどのイベリナの表情を忘れられません。

ディエゴ「やはり、あれは単なる事故ではなかったかもしれない・・・」

それでも、あの気の弱いエレオノラが真犯人とも思えきれず苦悩する中・・・

彼の馬がいきなり暴れだしてしまいます!

>>公爵家のメイドに憑依しましたのネタバレ一覧はこちら

公爵家のメイドに憑依しました【第88話】のみんなの感想

今回の状況を見ると、ディエゴとイベリナそしてエレオノラの関係性を修復することは、もはや不可能のように感じられますね。

そんな中で狩猟祭の競技も始まりますが、ディエゴの馬がいきなり暴れ出したのは、影で恐ろしい計画を企ているラファエレの仕業でしょうね・・・。

まとめ

「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です