ピッコマ|メイドとして生き残ります【第27話】のネタバレ・感想!

漫画「メイドとして生き残ります」はHee-sei 先生の作品です。

走り続けた末に何とか王立図書館に到着できたアス・・・

しかし自分の借りたい本を取り出したことが原因で思いがけぬ窮地を迎えてしまいます!

>>メイドとして生き残りますのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • メイドとして生き残ります【第27話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

メイドとして生き残ります【第27話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

メイドとして生き残ります【第27話】のあらすじ

図書館に入った早々から疲れ切っているアスですが、時間もないため速攻で受付にいる司書に対して、自分に必要な「育児の本」について問い合わせます。

その司書もすぐに確認してから教えてくれますが・・・

司書「図書館では、お静かにお願いします!」

アス「ハッ!すみません・・・」

怒鳴られるわけでないものの、入って早々から騒がしいアスはしずかな怒りを見せられながら注意を受けてしまうのでした・・・。

 

そして目的の本が置かれていると教えられた「S-3」エリアに入って少し探してから、自分に合いそうな本を見つけます。

アス「あれなら、良さそう!」

しかし自分の取りたい「生後100日経った乳幼児の感覚発達」という本が収納された本棚の真下には、先客がいた上、ぐっすりと居眠りしているのです。

最初に軽く声かけしますが、その寝ている男性は全く起きようとする気配すらありません。

 

仕方なく、その男性を起こさないように静かに取ろうとします。

しかし、取り出せたと思えた矢先に、目的の本が落ちた上、その男性の背中に落下する形で当たってしまいます!

さらに、これまでぐっすり寝ていた男性は、本が自分の背中に当たった直後に覚醒した上、咄嗟にアスの首を強く締めつけてくるのです!

アス「カハッ!」

首を強く締められた上に、自身の身体ごと本棚に強く押しつけられたアスは逃げることすらできなくなってしまいます・・・。

メイドとして生き残ります【第27話】のネタバレ

眠っていた男性から首を強く締められたアスは、手を振り解くことも逃げることもできません。

アス「このままじゃ・・・死ぬ!」

瀕死の中、何とか動かせる足で男性の身体を強く蹴ります!

アスからの渾身の力を込めた蹴りを喰らったことで、男性も手を離すと同時によろめきながら後退りします。

男性「わ、私は・・・申し訳ありません!」

慌てて謝罪しながら、自身で作り出した亜空間の中へと逃げて行ってしまいました・・・。

アス「首を絞めておいて、申し訳ないだけで済むと思ってるの!?」

完全に許す気になどなれないものの、今はとにかく時間がありません。

 

そのため、目的の本だけを持ちながら再び宮殿に向かいますが・・・ちょうど1時間半で戻ることができたのです!

図書館での窮地や帰り道も必死に走ってきたことで、疲労が完全にピークに達したアスは椅子へとへたれこんでしまいますが、メイドたちから「首についた跡」を心配されます。

それはもちろん、図書館で男性に首を強く締められたことによってできた跡でしたが、アスは「変態にやられた」と教えます。

そのことでメイドたちからは更に心配されますが、そのおかげでアスも、この宮殿こそが「自分の今の居場所」であることを再認識します。

アス「お母さん・・・あたし、こんなことがあってケガしたの!怖いよ、すごく怖いよ・・・」

それでも、本当に強く訴えて助けを求める相手とは、やはり現実世界にいる母親でした。

>>メイドとして生き残りますのネタバレ一覧はこちら

メイドとして生き残ります【第27話】のみんなの感想

図書館での事件は、アスにとっては本当に災難としか言いようがなかったですよね・・・。

それでも何とか自力で窮地を脱した上、目的の本まで持ちながら制限時間内で戻ってきたのですから、大したものです!

アスもまた「乳母」としても「人」としても、また少し成長したのかもしれませんよね。

まとめ

「メイドとして生き残ります」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です