ピッコマ|メイドとして生き残ります【第38話】のネタバレ・感想!

漫画「メイドとして生き残ります」はHee-sei 先生の作品です。

ミカエル王子における取引を結んだアスは、シエルから地下室に入るための「小さな魔法石」を渡されます。

しかしアスにとっては真夜中だけでなく、日中にも仕事で忙しい上に…あのクライン伯爵が久しぶりに訪れてきます。

>>メイドとして生き残りますのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

  • メイドとして生き残ります【第38話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

メイドとして生き残ります【第38話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

メイドとして生き残ります【第38話】のあらすじ

シエルから「小さな魔法石」を受け取った翌日・・・日中も乳母やメイドとしての仕事で大忙しです。

そんな中でカジック伯爵夫人がよく訪れてくるようになります。

彼女は王妃の妹であるものの、姉妹同士の仲はあまり良くないようです。

同じメイド仲間のセブからの話によると、お茶を嗜む時にも悲しげな表情で座っているだけです。

さらには妹の方から王妃に向かって「子供を授からせてほしい」などと言っていたのです。

 

お昼の休憩時間に一人で休んでいる中でも、前回でシエルから渡された「小さな魔法石」を見つけ続けています。

しかし、そんな中で他のメイド仲間たちが大騒ぎを始めます。

そして間髪入れずにミカエル王子を抱いたエリーが血相を変えた状態で入ってきます。

エリー「急いで身支度して!カペラ伯爵様が、お見えになったわ!」

そう叫ぶと同時にアンナまで入ってきますが、急いでアスたちの部屋の片付けをしようとしてきますが、本人の方から何とかごまかして入られることを食い止めます。

 

そうしたやり取りを経た後にクライン伯爵が久しぶりに彼女たちの前に訪れてきますが、今回もやはり庭園で2人きりとなります。

同じベンチで隣同士で座る中、本来はアスの方から聞きたいことが沢山あるものの、気まずさが邪魔して問いただせないのです・・・。

メイドとして生き残ります【第38話】のネタバレ

アスが気まずい思いの中、クライン伯爵の方から色々と話してきますが、そんな中でも「自身のレディー」に関することは何も話してくれません。

アス「私が自ら記憶を取り戻してほしいのかな?」

彼女はただクライン伯爵の知る「アス」を演じているだけであり、未だレディーが誰のことで自分とどんな関係だったのか分からない状態です。

そう考え込む中、クライン伯爵の方から今日はアスが髪を結んでいることに気づきます。

クライン伯爵「いつもは髪を下ろしていました」

彼にとっては以前までの、そのまま下ろしていた姿の方が似合っていると伝えてきますが、アスの方からは彼が今の自分を見て「何か懐かしんでいる様子」であることに気づきます。

結局、今回も「前の乳母」のことしか聞き出すことができないまま、アスの方から戻っていきます。

 

今日もあっという間に真夜中となり、前回で出した取引どおり、シエルをミカエル王子と一緒に寝かせています。

眠った二人を側で見守る中、ミオ卿も入ってきます。

彼は入ってくるなり「王子の安全のためのアイテムが必要」であることを提案してきます。

アスはシエルに作ってもらうように頼んでみようかという発想もあったものの・・・この晩はそこまで切り出せず、お互いに「おやすみ」と言い合いながら眠ります。

>>メイドとして生き残りますのネタバレ一覧はこちら

メイドとして生き残ります【第38話】のみんなの感想

ここ最近は王妃やシエルの出番が多かったため、クライン伯爵の存在を忘れていた読者も多かったのでは、ないでしょうか?

(かくいう私も、そんな一人です・・・)

ただ、アスの立場や「記憶喪失」によるハンデが多すぎるため、彼から聞きたいことを聞き出すのは、やはり難しい問題ですね。

今夜はミオ卿と「おやすみ」を言い合いながら眠りますが・・・アスの方だけはまた、この晩もまた、王妃が訪れる形で「宝探し」に付き合わされるのでしょうね。

まとめ

「メイドとして生き残ります」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です