ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~【第3話】のネタバレ・感想!皆がムーちゃんの応援団!!

みなと鈴先生のリアルかつ、世の中に訴えかけるような感慨深い作品です。

母との間にできてしまった亀裂・・・
しかし、親子の絆はそんな簡単なことで壊れたりしない!!

彩、お母さん、ムーちゃんを通して『家族の絆の強さ』を感じらされます。

多くの困難、試練を乗り越えて彩は家族の絆はより強くなっていく!!

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で漫画が読めるサービスを紹介します!

>>「ムーちゃんと手をつないで」ネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで2週間無料&最大最大900P▼
FODで「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」を無料で読む

スポンサードリンク

ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~【第3話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~【第3話】のあらすじ

「帰って・・・もう来ないで・・・」

あれから2ヶ月、母は来ていない―――・・・

 

あれから母とは話していない。

劣等感を刺激されなくなって毎日が穏やかに過ぎてゆく―――

なのに彩の心は沈んだままで、思いだすたびにチクリと痛む・・・

 

それはきっとわかるからだ、子どもに拒絶された時の気持ちを私はよく知っている―――・・・

母は母なりのやり方で、暑い日も寒い日も一生懸命に私を育ててくれたこと。

どれだけたくさんの愛をくれていたかをわかっているのに許せなかった―――・・・

 

そんな気持ちを察して、充洋は明後日、お義母さんとお義父さんを呼んであるといきなり彩に伝える。

焦る彩に「このまま一生口きかないつもりか?」と、とっくに過ぎた母も日に何もしていないことも話した。

《何を話せばいいのか・・・ 理解してもらうのがこんなに難しいものだとは思わなかった。 説明するのももう疲れた―――・・・》

当日、ムーちゃんを迎えにいく彩を遠くの茂みから帽子とサングラスをかけた怪しげな女性が見ていた・・・

ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~【第3話】のネタバレ

遠くから見ている女性・・・それは彩の母親だった。

虹の森学園に通う障害をもつ子ども達やお母さん、ムーちゃんの行動を隠れながら見ていた・・・

充洋に言われ、渋々ムーちゃんとスーパーに買い物に行く彩。

「ピピピ――― ティティティ―――」意味の分からない言葉を言いながら走り回るムーちゃん。

まだ慣れない、周囲からの好奇な視線―――・・・

特に子どもは残酷で「ママあの子へんー!」とストレートに言ってきたり、年配の人は『しつけ』がなってないとボヤく。

珍獣を見るような目で見られても、舌打ちされても、悔しくても慣れるしかないんだ―――・・・強くなるしかないんだ!!

 

ムーちゃんは走り回り、生魚の入っているケースをひっくり返してしまう・・・

ザワつくお客たち、ビックリして泣き出すムーちゃん・・・

《強くなれ私・・・強くなれ・・・! 何があっても負けないママになれ!》彩は涙を堪え「お買い物中の皆さん!お騒がせして大変申し訳ありませんでした・・・!」深々と頭を下げた。

しかし、客のおばあさんは「まったくバカ親が! しつけもできないクセに子どもなんか作ってんじゃないよっ」と吐き捨てる。

そのおばあさんに「馬鹿はアンタだよクソババア!」と、コッソリ後をついて来ていた彩の母親が反論した。

自閉症でしつけのせいではないと、自閉症の本をそのおばあさんに突き付けるが、バツが悪くなったおばあさんは本を弾き帰って行った。

そして、彩に「ごめんね・・・ ママ勉強不足だった。 自分がいかにそういう世界を知らずに生きてきたか少しだけわかったわ・・・」と、ムーちゃんを抱きしめながら謝る。

『鬱陶しいほどの母の愛』

そんな母がどんなに子どものことを思うものなのか、今の彩になら分かった。

 

新築の家が完成した―――

私たち家族は大海原にイカダで漕ぎ出した。

喧嘩している場合じゃない、意地を張ってる場合じゃない、みんなで手をつないでいくんだ。

私たちはムーちゃんの『応援団』だから。

これから始まる新たな試練に家族みんなで立ち向かう―――

>>「ムーちゃんと手をつないで」ネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで2週間無料&最大最大900P▼
FODで「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」を無料で読む

ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~【第3話】の感想

両親以外の親族に『障害』を理解してもらう大変さ・・・

さらに、生活圏内の他人に理解してもらう大変さ・・・

読んでいて痛いほど伝わってきます。

実際、身近にもバス停などでブツブツ言っている子などを見かけることがありますが、やっぱり距離をとっている人ばかりですよね・・・

『理解』することによって、考え・行動・対応が変わるのは当たり前ですが、ちゃんと理解しようとすることが重要なんだなと本作で痛感しました。

ムーちゃんは治らないから幸せじゃない訳ではないことがハッキリ伝わってきました。

知らない世界の驚きとリアルさ、そんな普通ではない世界だからこその苦悩と感動を伝えてくれる本当に素敵な作品です!

まとめ

以上、ムーちゃんと手をつないで ~自閉症の娘が教えてくれたこと~のネタバレを紹介しました。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品なので、是非、下記の記事で紹介している「好きな漫画を無料で読む方法」からお試しください!

サービスの内容を細かく紹介しています。

>>好きな漫画を無料で読む方法!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です