王様ランキング【第10話】のネタバレ・感想!

漫画「王様ランキング」は十日草輔先生の作品です。

王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。

しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。

しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで2週間無料&最大最大900P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

スポンサードリンク

「王様ランキング」のあらすじ・ネタバレ

以下、王様ランキングのネタバレをご紹介しますので、ご注意ください。

王様ランキング【第10話】のあらすじ

新国王発表の二日前・・・

会議の場で、ヒリングが王の遺言を破り捨ててしまいます。

参加していた四天王たちは、あまりの行動に皆一体何をするのかと声を荒げます。

しかし、ヒリングは王の遺言は却下したいと断言するのです。

反対する四天王たちですが、ボッジに王が務まると思うのかと聞かれると、何も返す言葉がありません。

そして、ここに居合わせた7人で決を採り、公正公平に新国王を決定するという流れになってしまったのです。

 

四天王ドルーン、四天王ベビン、四天王アビス、四天王ドーマス、宰相ソリー、法相サンデオ、そしてヒリング・・・

結果は、5対2でダイダに決定してしまうのです。

その中には、なんとドーマスも含まれていたのでした。

王様ランキング【第10話】のネタバレ

そうして決定した、ダイダ王誕生の瞬間。

ボッジは何も反論できないまま、ヒリングにもドーマスにも助けを求めますが、無視されてしまいます。

住民たちの大歓声の中、王冠を受け取るダイダに、ボッジはもうその場にいることすら辛くなって、走って逃げだしてしまうのでした。

悔し涙がこぼれて止まりません。

城から飛び出し、丘を駆け上ったところで、こけてしまい、そこでしばらくジタバタしていました。

一旦静かになったものの、あの住民たちの大歓声が思い出され、スクッと立ち上がると、大声で叫ぶのです。

するとまた、涙がボタボタとこぼれ、声を荒げて泣くのでした。

一通り泣き切ったボッジは芝生に寝転がり、静かに空を見上げていました。

>>王様ランキングのネタバレ一覧はこちら!

▼Amazonアカウントで2週間無料&最大最大900P▼
FODで「王様ランキング」を無料で読む

王様ランキング【第10話】の感想

ダイダが王になった背景には、ヒリングの暴走行為があったんですね。

しかし、その暴走行為を誰も止めることができなかっただけでなく、その場に居合わせた人でとった採決でボッジを指示する人が2人しかいなかったことは、仕方なかったとしても悲しいことです。

そして何より悲しいのは、あのドーマスがダイダを支持したという点です。

能力を知っている以上、ボッジには務まらないと思ったのでしょうが、あまりに酷い裏切り行為です。

ショックでその場から逃げだしたボッジを追いかける人も、励ます人もいない状況もまた辛いものです。

こんな時にカゲがいてくれたなら・・・

カゲは牢屋から逃げ出すことは出来ないものなのでしょうか。

まとめ

以上「王様ランキング」のネタバレをご紹介しました。

王様ランキングはFODmusic.jpといった電子書籍にて配信中です。

FOD、music.jpではお試し期間を利用すれば、好きな漫画を無料で読む事ができます。

好きな漫画を無料で読む方法については、こちらにまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

\無料期間と無料ポイントを使って好きな漫画が読める!/

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です