冷血公爵の心変わり【第58話】のネタバレ・感想!

漫画「冷血公爵の心変わり」はEddie先生の作品です。

「魔法が壊れればエルインが死ぬ・・・」
あまりにも衝撃的な事実を告げられたエルインが何も言えなくなってしまう中、ロアン公爵が激怒してユリアナに斬りかかろうとします!

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

冷血公爵の心変わり【第58話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

冷血公爵の心変わり【第58話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

冷血公爵の心変わり【第58話】のあらすじ

ユリアナからの言葉に、エルインは衝撃を受けます。

エルイン「今まで死にそうになったこと何度もあったけど、こんなことって・・・」

ロアン公爵「もう一度言ってみろ!」

ユリアナ「魔法が壊れ、行き場を失った魔力は媒介が吸収されることになる」

激怒して剣で斬りつけたロアン公爵に対しても動じることなく、淡々と説明を続けております。

ユリアナ「その力は到底、人間が耐えられるものではない。運命に逆らう代償とは、そういうものよ」

ロアン公爵「貴様・・・」

他の方法を問い詰めても、この一つしかないと言い放されます。

ユリアナ「私の首を斬り落としたところで何も変わらない」

それは、むしろ唯一の糸口を失うものになると言うのです。

それでも「魔法を壊さずに守れば良い」と軽く言ってのけてしまうユリアナに対して、ロアン公爵がさらに突っ込んだ質問をしてきます。

ロアン公爵「その魔法とやらで余の妻が傷つく可能性は?」

ユリアナ「世界は魔法によって変化したものの可能性の中で最も不自然な存在から消そうとするわ」

それこそが元に戻ろうとする力であり、ユリアナがエルインの手を握ります。

ユリアナ「あなたを助けようとするものであって、決して傷つけようとするものではないはずよ。だから信じてみて?」

エルイン「何も分からないのに、どうやって信じれば・・・!?」

その質問の答え内容には以外にもロアン公爵のことが絡んできます・・・。

冷血公爵の心変わり【第58話】のネタバレ

ユリアナがエルインの手を握ったまま、ロアン公爵を睨みつけます!

ユリアナ「その性格、直しなさい」

ロアン公爵「何だと!?」

そしてロアン公爵の悪いところを指摘してきますが、以下の3点で容赦なく突き刺してきます!

①ツンデレなんて魅力ない!
②その爆発寸前の情炎もどうにかしたら?
③ある意味、ロアン公爵の方が不自然!

さらにロアン公爵の場合は情炎の行き場も失っており、一つだけ忠告してくるのです。

ユリアナ「ヤレる時にヤレ!」

彼女からのアドバイスはここで終わり、2人は帰る算段に入ります。

 

エルインたちを誘導してくれた黒猫が見つめた時、彼女に頭痛が走ります。

エルイン「今の場合、何かのデジャヴのような・・・」

何かの場面がエルインの脳裏をよぎる中、ロアン公爵が気にかけてくれますが、今は自分でもよく分からない心境となっているのです。

エルイン「悪いことが起きるって決まったわけでもないのに、この不安と焦りは一体・・・」

思い悩むエルインに対して、ロアン公爵が肩に手を触れてきます。

ロアン公爵「エルイン、よく聞け!そなたは余の妻だ。そなたは余が守る」

それでもエルインの中では自分が魔法の力によって生まれた不自然な存在であり、自分はやはり死ぬべきだったと悟ります。

エルイン「ロアンを罠に陥れたのが私のような気がして・・・」

ロアン公爵「罠?今更そんなの、どうでも良い!」

またしても良い雰囲気となって見つめ合うのですが、突風によって2人とも真っ黒な状態となってしまいます。

ロアン公爵「あの忌々しい魔女め!」

そんな彼の姿を見たエルインが笑い出します・・・。

冷血公爵の心変わり【第58話】のみんなの感想

ユリアナから告げられた魔法の真実を聞かされて衝撃も大きかったものの、ひとまずの解決法が分かっただけでなく、またしてもお互いの距離感が縮まったような雰囲気だったため収穫は大きかったのではないでしょうか。

色々と問題点も多いものの、その魔法の効果を上手く利用出来るようになれれば、更に良い展開を迎えられるかもしれませんよね。

まとめ

「冷血公爵の心変わり」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です