dulac用・冷血公爵の心変わり【第64話】のネタバレ・感想!

漫画「冷血公爵の心変わり」はEddie先生の作品です。

ロアン公爵が留守にしている間にも周囲の人達の動きは止まりません。

ユリアナと出会った書店でエルインを待ちわびるゼパン子爵にもまた、己の辛い境遇や過去に苦悩しているのでした。

>>冷血公爵の心変わりのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

冷血公爵の心変わり【第64話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

冷血公爵の心変わり【第64話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

冷血公爵の心変わり【第64話】のあらすじ

エルインがゼパン子爵を通じて、ユリアナと出会った場所である書店「魔女の宝石箱」の前で、その本人が今日も待ち構えておりました!

ゼパン子爵はお祭りの夜、エルインから強く拒絶されたことで悩んでいたものの、もしも退いていなかったとしたら、もっと怒られていただろうと思い返します。

しかし今の彼もまた単なる好意だけで動いているのではなく、皇太子からの命令を受けているのです。

 

それでもゼパン子爵の中には皇太子からの命令よりも「エルインに何かしてあげたい」という想いの方が上回っていくことも実感しております。

ゼパン子爵「僕と同じジプシーの血が流れていること以外は同じ人間なのに・・・」

ちなみに彼の父や兄も皇太子からこき使われている身であり、ゼパン自身にも逃げ道がないのです。

それでも骨の髄まで利用されていないだけでもマシだろうと前向きに考えます。

 

これまで数日間にも渡っての待ち伏せを続けているものの収穫はゼロばかりでしたが・・・

ゼパン子爵「今日は来るのかな・・・あれは!」

まるで数日間もの努力が報われたかのように、待ち続けてきたエルインが現れては書店に入っていくのです・・・。

冷血公爵の心変わり【第64話】のネタバレ

この時のエルインはメリーと一緒に街まで訪れたものの、書店には1人で入っていきます。

しかし、ユリアナの姿はなく店内にも誰もいない状態です。

以前、ロアン公爵と共に訪れた山奥にある小屋の中で聞かされた話を今思い返しても怖い気持ちは拭えておりません。

エルイン「ママは魔法の力で私を救おうとしたんじゃ・・・!?」

しかし、それなら魔法はなぜ自分でなくロアン公爵にかかったのか・・・テーブルの上で書き物をしている最中に考えても、やはり答えなど見出せません。

そんな最中、誰かによる視線を感じたことで咄嗟に立ち上がりますが、振り向いた先には誰もいないのです。

エルイン「今日はもう帰ろう・・・」

書店を出た後はロアン公爵いるはずのドアン港へ急ごうとするものの、待っていてくれるはずのメリーの姿がありません。

 

何度もメリーの名前を呼ぶエルインの前にペルカ家の紋章が入った馬車が走ってきて目の前で止まります。

しかし、これは自分たちが乗ってきた馬車でないために不信感を抱きます。
そんな中で馬車のドアが開くと共に、エルインの背後に男の影が現れます!

エルイン「きゃあああっー!!」

その男に捕まると共に馬車に連れ込まれてしまうのでした・・・。

>>冷血公爵の心変わりのネタバレ一覧はこちら

冷血公爵の心変わり【第64話】のみんなの感想

レディー・パラダイン程でないものの、ゼパン子爵もまた辛い境遇や過去を背負っていたのですね・・・。

見覚えのない馬車に連れ込まれたエルインですが、これは明らかにゼパン子爵や皇太子の差し金によるものでしょう。

前回のラストから、あれほど心配していたのに・・・やはり、ロアン公爵が留守にしている間に外出などすべきではなかったんですよね!

まとめ

「冷血公爵の心変わり」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です