冷血公爵の心変わり【第66話】のネタバレ・感想!

漫画「冷血公爵の心変わり」はEddie先生の作品です。

何者かに拉致されて何処かも分からない暗い部屋に閉じ込められたエルインの前に現れたのは何もかも失い悲しみと憎しみに溢れるレディー・パラダインでした!

そんな彼女は持っている剣で容赦なく斬りかかってきますが・・・!?

>>冷血公爵の心変わりのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

冷血公爵の心変わり【第66話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

冷血公爵の心変わり【第66話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

冷血公爵の心変わり【第66話】のあらすじ

エルインが両手足を縛られて閉じ込められた部屋は何処かの廃墟のようでした。

エルイン「だ、誰かー!」

助けを呼ぼうと大声を出しますが、そんな彼女の前に現れたのはレディー・パラダインこと、あのクレアでした!

ちなみにエルインの方も街中で拉致される時に彼女らしき金髪が少しだけ見えており、その時のことを思い出します。

エルイン「まさか!本当に彼女が私を・・・!?」

エルインが知っているクレアとは、少し生意気で意地悪な面もあったものの、それでも令嬢としてな気品に満ち溢れている女性でした。

これまでも憎しみしか抱けなかったエルインもクレアがこんなことまでする女性とは思えずにいましたが、皇太子の手で何もかも奪われて全てを失った現在のクレアには既にかつて見たような気品さや威厳すら消えてしまっているのです。

エルイン「なぜ、こんなことを・・・!?」

クレア「あんたさえ居なければ!」

彼女はエルインさえ居なければ、ロアン公爵も「公爵夫人の座」も、そして城も領地もお金も全て私のものだったと憤ります。

クレア「あんたさえ居なければ、こんなことせずに済んだのに・・・!」

憎しみが限界を超えたかのように、今度は涙を流し始めます。

そんなクレアの姿を見たエルインの方も彼女の異変に気づきます。

始めは暗闇のせいで見えなかったものの、よく見てみると現在の彼女は髪もドレスも全く手入れがされていない上に、表面上では憎しみを放っていながら内心ではエルインのことを恐れているのです。

エルイン「目を覚まして!こんなことをしても何も変わらないわ!」

完全に変わり果てた姿のクレアに対して必死に呼びかけるのですが・・・!?

冷血公爵の心変わり【第66話】のネタバレ

エルインの必死の呼びかけも通じず、クレアの怒りと悲しみはさらに増していくばかりです。

クレア「あんたなんかに何が分かるのよ!?」

そう叫んだ時、彼女の後ろから扉を静かに開くような音が聞こえてきて、クレアが強く反応します。

クレア「あんたを殺さないと私が死ぬ!私は死にたくない!」

そう叫びながら持っている剣を振り上げた後、エルインの方に向けて振り下ろします!

エルイン「私、このまま死ぬの?お願い、助けて・・・ロアン!」

エルインの強い想いが通じたのか・・・彼女の目の前では自分の左腕を盾にして必死に守ってくれているロアン公爵の姿があったのです!

>>冷血公爵の心変わりのネタバレ一覧はこちら

冷血公爵の心変わり【第66話】のみんなの感想

エルインを拉致するように指示していたのは、やはりクレアでしたね。

皇太子によって全てを奪われて失った今の彼女にはかつての「レディー・パラダイン」と呼ばれていた頃の気品や威厳さもなく、完全に素のままのクレアに成り果ててしまったのでしょうね・・・。

間一髪のところで救出に間に合ったロアン公爵は流石としか言いようがないですが、彼自身も早く逃げないと左腕が取り返しつかないことになってしまいますよね!

まとめ

「冷血公爵の心変わり」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です