ピッコマ漫画|ルシア【第58話】のネタバレ・感想!

漫画「ルシア」原作Skye先生、作画TARUVI先生の作品です。

16番目の王女の為、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていたビビアンは、12歳のころから未来の夢を見るようになってしまう。

そして18歳になったビビアンは侍女を装い、ルシアとして毎週街に出かけるようになる。

自らの未来を変えるべく、タラン公爵にある提案をするのだが・・・。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

ルシア【第58話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

ルシア【第58話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ルシア【第58話】のあらすじ

公爵の部屋にやってきたのは、ジェロームでした。

机の上には沢山の書類が置かれていましたが、彼の姿がありません。

ジェローム(旦那様は・・・)

辺りを見回すと、バルコニーに出て外を眺めているヒューゴがいたのです。

ジェローム(また今日もバルコニーにいらっしゃる・・・)

バルコニーの下には、ビビアンが大切にしているお庭があります。

彼女は頻繁に庭に出ては花を愛でており、そしてそんな姿を彼が見つめているのです。

ジェローム(あの旦那様が名残惜しそうに仕事に戻られるなんて・・・)

長い執事歴の中でもめったに見ることができない姿だったので、ジェロームは嬉しそうにしています。

プレイボーイでも結婚したら健全になるという話を聞いたことがありますが、まさか公爵がそうなると思ってもみなかったのです。

結婚は気まぐれかと思っていましたが、どうやら勘違いのようです。

本人は、気付いているでしょうか。

ビビアンと一緒にいるときは、まるで彼女しか見えてないかのように釘付けになっていることを・・・。

ビビアンに向けられた愛おしそうな視線に、彼女は気づいてはなさそうです。

ジェローム(意外と鈍感な方だな・・・)

そう考えながら、机にお茶を置きました。

ルシア【第58話】のネタバレ

ジェロームから見て、二人の関係はどこか不自然でした。

二人の笑顔や優しい眼差しを見れば、きっと仲はいいはずだということはわかります。

それでも二人の間には、目に見えない何かが漂っていたのです。

彼はビビアンがどこで誰と何をしていたのか、報告書を毎晩提出することがいつの間にか日課になっていました。

だからこそ、これ以上報告を先延ばしにしたくないと感じたのです。

ビビアンに直接話してもらえるようにもう少し説得すべきだったのでは?とジェロームは沢山考えました。

いつか本人が話すと言っていましたが、あの日以来沈黙を貫いているのです。

ジェローム(奥様には申し訳ないけど・・・旦那様の心身の健康を守ることが執事の役目だから)

そして彼はバルコニーに出て、ヒューゴに声をかけました。

ジェローム「旦那様、奥様のことでお話があります」

 

ヒューゴ「なんだ?」

ジェロームはどこから話そうか迷っている様子ですが、ヒューゴは早く言うように促しました。

ジェローム「・・・しばらくずっと生理が止まっていらっしゃいます」

初めはご懐妊かと思っていたのですが、検査の結果違うという事がわかり、ビビアンからずっと生理がなかったと聞いたことを伝えます。

さらに専門の治療を進めても、頑なに拒否するだけだと説明したのです。

ヒューゴ「生理がこないのは深刻な問題なのか?」

ジェローム「正常な状態ではないと思います」

そもそもビビアンは妊娠できない体ですし、場合によっては他の病気が隠れている可能性があるとジェロームは話しました。

原因を突き止めるためにも、医者の診察を受けた方がいいと彼は考えているのです。

ジェローム「奥様曰く、すでに旦那様も知っていることだから、わざわざ治療を受ける程のことでもないと・・・」

ヒューゴ「俺もすでに、知っていること・・・?」

 

ビビアンと契約を交わした時のことを思いだします。

「私は子供が産めません」

確かにそう言っていたのです。

大した問題ではないという彼女の態度もあり、ヒューゴはただ聞き流していました。

子供が欲しいと思っていなかったので、彼女が妊娠できるかどうかは重要ではなかったのです。

大事な話を淡々と話す様子を見て、あの時はただ「面白いやつ」だとしか思いませんでした。

ヒューゴ「確かに・・・前に聞いていた」

彼は鈍器で殴られたような衝撃が走りました。

全身に不快感が駆け巡り、得体のしれない言葉では表せられない、矛先のわからない怒りです。

ヒューゴ「主治医は何と?」

ジェローム「特に表立った症状がないので、診断はつけられないとのことでした」

ヒューゴ「すぐに呼んでくれ」

何かを察したジェロームは、そのまま「かしこまりました」と頭を下げて行ってしまいました。

ヒューゴは1人、悔しそうな表情をしています。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

ルシア【第58話】のみんなの感想

ついにジェロームが、ビビアンの体のことについて伝えました。

確かに、最初の契約の際に聞いていたこと・・・。

ですが、そこまで重要に思っていなかったので、忘れていたのでしょう。

今となっては、タラン公爵からしてみると本人から詳しく聞きたかったかもしれませんが・・・。

医者に相談してどうにかなるかはわかりませんが、彼が動き出したことで、ビビアンの体がいい方向へ向かうかもしれないですね!

まとめ

「ルシア【第58話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です