ピッコマ漫画|ルシア【第65話】のネタバレ・感想!

漫画「ルシア」原作Skye先生、作画TARUVI先生の作品です。

16番目の王女の為、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていたビビアンは、12歳のころから未来の夢を見るようになってしまう。

そして18歳になったビビアンは侍女を装い、ルシアとして毎週街に出かけるようになる。

自らの未来を変えるべく、タラン公爵にある提案をするのだが・・・。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

ルシア【第65話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

ルシア【第65話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ルシア【第65話】のあらすじ

雨が降り、ヒューゴはあることを考えていました。

ヒューゴ(ならアイツも、18になる頃だな)

10年ではまだ早い、頭は悪くないし4年か5年教えれば使い物になるだろうとは思っていますが・・・。

最低15年。

あと15年もこの椅子に座っていなければならないことに、嫌気がさしてしまいます。

ふと、外の雨の音が気になってしまいました。

ヒューゴ「くそっ、いつになったら止むんだ」

雨でなければ、彼女に会うことができるのに・・・。

 

あの日以来も、ビビアンは毎日庭にやってきました。

会いたければ会いに行けばいいのに、そうすることができない自分を無様だと感じてしまいます。

この時間であれば、応接室にいるはず。

ですがあの時のビビアンの悲し気な表情を思い出すと、どうしても避けずにはいられないのです。

あれから何日経ったのかよくわからなくなってしまいました。

千年の歳月のように長く感じましたが、わずか数日しか経っていないことはわかっています。

彼女を避ける間、ひたすら執務に没頭していました。

それでも仕事は手に付かず、いつもの倍以上の時間がかかったのです。

ただただ、誰にも揺さぶられることなく自分の心はずっと自分のものだと、証明がしたかったのです。

大したことないと言い聞かせて、過ごしてきましたが・・・。

そんな薄っぺらい決意は、彼女を一目見ただけで崩れさってしまうのでしょう。

彼女がいなくたってどうってことない、女一人に振り回されることなどない。

ですがどうしても、ビビアンのことを思い出してしまうのです。

絶対にありえないと思っていても・・・。

ルシア【第65話】のネタバレ

ヒューゴがいる執務室をノックする音が聞こえました。

「陛下」

彼が来たということは、仕事が大量にくるということ・・・。

山積みの資料を目の前に、怒りがこみ上げてきました。

ヒューゴ「おい」

すると仕事を持ってきた男性は、ビクッと体をさせながら、部屋から出るのをやめました。

ヒューゴ「アイツの次の長期休暇は?」

仕事を持ってきたのは、書記官のアシンです。

アシン「長期休暇はないと聞いています」

陛下に休みのことを話すなんて、アイツしかないないと誰かの顔を浮かべながら答えました。

一切出られないのかとヒューゴが聞くと、外出はできるとのこと。

ヒューゴ「呼んでくれ」

アシン「い・・・今すぐですか?」

学期が始まったばかりで、外出許可を得るには一週間はかかります。

彼が説明しますが、ヒューゴはいつから口答えができるようになったんだと、威圧感を出してきました。

アシン「すぐに対応します」

そしてヒューゴは、ファビアンに入籍書類も持ってくるように伝えろと命令します。

 

坊ちゃんを戸籍に入れるんだと、すぐにアシンは感づいています。

アシン(奥様も入籍に同意されたということか)

二人の仲は良好だと聞いていますが、もし奥様に男の子ができたらどうなってしまうのだろうと、少し不安になるのです。

それはビビアンが産んだ子が継承権第一位になってしまうので、ヒューゴがダミアンを跡継ぎにすることを取りやめなければ、きっと将来激しい後継者争いが勃発してしまうでしょう。

ダミアン・タランは、私生児であることは公爵陛下の前で決して口に出してはいけません。

後継者の存在は社交界に大きな波乱を起こすほどの大事件。

とはいえ、ことの重大さゆえに人々が口をつぐみ、騒動には至りませんでした。

公爵陛下であるヒューゴは、ダミアンが5歳になるやいなや、すぐに寄宿学校に入れたのです。

あの時のことはいまだに信じられないのです。

 

「陛下お言葉ですが・・・あと数年待たれてもいいのでは・・・。まだ幼い子供です」

周りが必死にダミアンを寄宿学校に入れるのを止めていましたが、ヒューゴは5歳になら砂漠に放り出されても生き延びないといけない年だと主張するのです。

みんな真っ青になりましたが、ダミアンは冷静でした。

ダミアン「砂漠より寄宿学校の方が生存率は高いですしね。寛大なお心遣いに感謝いたします!」

皆驚愕し声を上げますが、決定してしまったものは仕方がありません。

そのときアシンは、この二人は異常だと感じていたのです。

 

あれから2年、次に二人が再開するのは卒業のときだと思っていたのです。

「陛下、エリオットです」

アシンが部屋から出ようとすると、入れ替わりにエリオットがやってきました。

エリオットはアシンとすれ違い、彼は何か書類を持ってきています。

ヒューゴの前に、エリオットとアシンは立ちました。

エリオットが持ってきた書類にヒューゴが目を通すと、彼は何かを企んでいるかのような笑顔をみせたのです・・・。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

ルシア【第65話】のみんなの感想

ダミアンが帰ってくるということでしょうか?

まだ、ビビアンとの関係や、子供の件は解決していないのに・・・。

これでいいのかな?

ヒューゴが何を考えているのか、まったくわからないですね。

そしてエリオットが持ってきた書類を確認した後の、怪しい笑み・・・。

何か起きるのでしょうか?

そうなると、ビビアンは大丈夫かな・・・。

いろんな不安が浮かんできます。

まとめ

「ルシア【第65話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です