ピッコマ漫画|ルシア【第75話】のネタバレ・感想!

漫画「ルシア」原作Skye先生、作画TARUVI先生の作品です。

16番目の王女の為、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていたビビアンは、12歳のころから未来の夢を見るようになってしまう。

そして18歳になったビビアンは侍女を装い、ルシアとして毎週街に出かけるようになる。

自らの未来を変えるべく、タラン公爵にある提案をするのだが・・・。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

ルシア【第75話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

ルシア【第75話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ルシア【第75話】のあらすじ

駆けつけたビビアンに、ダミアンは丁寧に挨拶をしました。

ビビアンはダミアンをじっと見つめ、どうしたらこんなに似るんだろうか・・・と考えています。

赤い瞳だけでなく、目鼻立ちも彼とうり二つです。

彼の実子ではないなんて見当違い、間違いなく彼の子だと見つめながら確信しています。

 

そんなビビアンを目の前に、ダミアンはビビアンは放心状態だと勘違いしています。

結婚相手に連れ子がいるだなんて信じたくないだろうし、後継者が自分だなんてことも知らないのでは?と感じています。

普通この後、公爵夫人が取りうる行動は・・・。

ただひたすら睨みつける、怒りに耐えかねてこの場を去る、もしくは嫌悪に満ちた視線を浴びせるか、頬をひっぱたくか・・・。

このどれかだと思っていましたが実際は・・・。

ビビアン「あ・・・こんにちは」

そのまま挨拶をしてきたのです。

状況が理解できないほどに混乱しているのでしょうか?

予想外の反応に、ダミアンも呆然としてしまいました。

ルシア【第75話】のネタバレ

寄宿学校には悪意を隠さずに接してくる人がたくさんいました。

ビビアンは感情を表に出さないタイプだから、むしろその方が厄介だとダミアンは感じているのです。

見つめてくるビビアンを見て、馬車の中で美人かどうかをごまかしたアシンを思い出しました。

どう見ても彼女は美人です。

ジェローム「奥様、お坊ちゃまは長旅でお疲れのようなのでそろそろ・・・」

ビビアン「ああ、そうですね。それはお休みになった方がいいですね」

そしてダミアンに、お昼ご飯は食べたのかと聞きました。

食べなくても構わないと答えたダミアンですが、ビビアンは夕飯まで何も食べないのはよくないので、成長期にしっかりと栄養を取らなければと少し子供を躾けるように言いました。

ビビアンは、胃に負担のない軽食の準備をするように、夕食は消化のいいものにしてくださいとジェロームに命令します。

呆然としているダミアンですが、執事にこちらに・・・と案内されたので、ビビアンに頭を下げて行ってしまいました。

 

ビビアン「・・・・・」

連れて行かれるダミアンを見ながら、ビビアンは困った・・・と悩んでしました。

なんて可愛い子なの!!と。

彼をそのまま小さくしたみたいで、それは顔つきだけではなく不愛想な口ぶりや冷たい表情まで似ているのです。

それはまるで、幼いころの彼と接しているみたい。

するとジェロームが声をかけてきました。

ですが反応がないので、ダミアンに会うのはまだ早かったか・・・と心配そうにしているのです。

急にビビアンはジェロームの方を向き、まだ8歳ですよね?と聞きました。

ジェローム「はい、あの冷静さは天性のものとお見受けします」

ビビアン「そうですか、やっぱり親子なんですね」

するとジェロームは不安そうな表情で、「大丈夫ですか?」とビビアンに聞きます。

何がです?と不思議そうにしているビビアンは、予想以上に可愛い子で優しそうだったととても嬉しそうにしているのです。

ジェローム「はい?」

昔はともかく、今のダミアンは可愛いとは言い難い状態。

しかも優しいと言っていたので、いったいどこがそういう風に見えるんだと驚きを隠せません。

冷静なヒューゴの遺伝子をそのまま受け継いでいると思うと、もしやビビアンは見る目がないのかもしれないと少し疑ってしまいました。

ビビアン「夕飯に誘っても嫌がられないかしら?」

明らかに動揺しているジェロームですが、奥様が嫌でなければ・・・と答えます。

ビビアン「そんなわけないでしょう。むしろとっても楽しみです」

嬉しそうな笑顔を見せたビビアンは、そのまま行ってしまいます。

 

そんなビビアンを目の前に、もしかすると奥様はご乱心なのかもしれないと不安になってしまうジェローム。

あの若さで継母になるなんて、どう考えても悲劇的な状況。

事の重大さをわかっていないのか、それともショックが大きすぎて混乱しているのか・・・。

ビビアンのことをかわいそうだと感じてしまい、涙が溢れてきました。

ジェロームの後ろをソローっとばれないように歩いているアシン。

ですがすぐにバレてしまいます。

ジェローム「アシン卿、お話があります」

明らかに何かあると悟って恐怖に震えているアシン。

アシン「私にですか・・・?」

 

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

ルシア【第75話】のみんなの感想

ビビアンはとても前向き!

そしてかなり冷たそうなダミアンを、可愛くで優しい子だと言いました。

可愛いはともかく、どこで優しいと感じたのでしょうか?

ヒューゴが優しいから、似ているだろうと判断したのか・・・。

あの状況では気まずさを感じてしまいそうですが、そうではなかったビビアンは強いですね!

でもダミアンと夕飯を一緒にとって大丈夫なのかなと不安になりました。

何もないといいのですが・・・。

まとめ

「ルシア【第75話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です