ピッコマ漫画|ルシア【第80話】のネタバレ・感想!

漫画「ルシア」原作Skye先生、作画TARUVI先生の作品です。

16番目の王女の為、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていたビビアンは、12歳のころから未来の夢を見るようになってしまう。

そして18歳になったビビアンは侍女を装い、ルシアとして毎週街に出かけるようになる。

自らの未来を変えるべく、タラン公爵にある提案をするのだが・・・。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

ルシア【第80話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

ルシア【第80話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

ルシア【第80話】のあらすじ

主治医のアンナは、宮殿から距離のある建物に来ていました。

そこにいるのはフィリップです。

 

アンナはドロシーがとても親し気に話していたので、誰なのか聞いてみました。

すると彼女は、めったに都にはいないが公爵の主治医だと答えます。

自分以外にも専属の医者がいたことを知らなかったアンナは驚き、そんなことを耳にしたこともなかったと言うと、ドロシーは少し焦ったような表情をします。

なぜかというと、フィリップはご主人様から嫌われていたというのです。

 

アンナはフィリップに近づき、公爵夫人の主治医だと名を名乗りました。

アンナ「公爵家の主治医がいらっしゃると聞き、ご挨拶に参りました」

冷たい目をしていたフィリップでしたが、笑顔を見せてアンナと挨拶をします。

そして家の中へと案内してくれました。

ルシア【第80話】のネタバレ

ドロシーはフィリップのことを聞いた時に、宮殿の外に引っ越してからは、音信不通になったり戻ったりの繰り返しだったと話していました。

今回は2か月程音沙汰なし。

またすぐいなくなると思うと言っていたのです。

公爵様に嫌われているということは、治療中に何かあったのかと聞いてみましたが。フィリップはとても腕のいい先生だとドロシーは言いました。

まさに名医だとも・・・。

 

お茶を準備してもらい、向かい合って座る二人。

アンナ「戻られる前に往診されていると聞きました。もっぱらの評判だと・・・」

フィリップは大したことないと答え、医者として当然のことをしているだけだと言うのです。

少ししか話していませんが、確かにフィリップが名医だとわかります。

大抵の医者は自分だけが知る病気や治療法を持っているものですが、彼の知識量は圧倒的でどんなことにも答えてくれました。

丁寧な受け答えと豊富な医学知識は、一流の医者にふさわしいものでした。

自分など到底足元に及ばないと感じたアンナ。

公爵家の主治医ながらも長期で不在にしても公爵からは気にも留められず、都から遠く離れたところに居を構えています。

公爵に嫌われていると言っていましたが、何かよっぽどのことがあったのかもしれないとアンナは考えます。

それでも主治医の立場は変わらず、宮殿にはまだ彼の部屋が残っているのも変です。

この人の実力を考えても、何かただならぬ事情があるに違いないと感じました。

 

この人なら奥様の症状について何か知っているかもしれない・・・。

アンナはそう感じて口を開きます。

今日はそのために彼に会いに来たのです。

とはいえ同じ女性として、そして公爵夫人に仕える者として、軽々しく他人に相談すべきではないと考えました。

アンナが何か話そうとしたので、フィリップが聞いてきました。

ですがアンナは席を立ち、そろそろ失礼すると頭を下げます。

患者の秘密は漏らしてはいけない、同じ専属医でも秘密を共有できないと考えたのです。

 

そして宮殿で。

アンナは執事長に呼ばれました。

ジェロームの元に行くと、フィリップ卿にあったことはもうすでにばれていたのです。

アンナ「まさか私を・・・監視していたのですか?」

ですがジェロームは、監視していたのはフィリップの方なので誤解しないで欲しいと言いました。

以前フィリップが宮殿に入ろうとしたことを不快に思った陛下が、同じことが起こらないように監視を付けておいたのです。

ジェローム「会ったことを責めているのではありません。会話の内容を聞くつもりもありません」

ですがあの人のことをビビアンに話したり、ましてや紹介しないでほしいとお願いしました。

彼はフィリップの存在をビビアンに知られないようにと指示を受けているのです。

アンナにはどうしてなのか、疑問が浮かびます。

アンナ「とても有能な方でしたので、奥様の治療について相談したいと思っていたのですが・・・」

それを聞いたジェロームは考えます。

確かにフィリップの技術がすぐれているのは事実で、間接的な相談だけだら問題ないと判断します。

ジェローム「いいでしょう。ただし奥様には、あなたが考えた治療法ということにしてください」

 

とても天気がいい日。

ビビアンの元にやってきたのは、ケイトです。

>>ルシアのネタバレ一覧はこちら

ルシア【第80話】のみんなの感想

こうなると、アンナはフィリップに相談するでしょうね。

ジェロームが許可を出したのですから、問題はないでしょう。

ただ、フィリップが教えてくれるのかということと、その治療法をビビアンが行うかということ・・・。

そして治療法を知ってしまえば、ビビアンは夢の中の医者なのではないかと気づきそうですね。

いい方向なのかどうなのか、今は判断が難しい・・・。

もしフィリップに相談したことを知れば、ヒューゴは怒りそうですがそうでもないのかな?

まとめ

「ルシア【第80話】」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です