Sister【第7話】のネタバレ・感想!沙帆の記憶障害…

めちゃコミで先行配信している「Sister」のネタバレをご紹介します。

本作の作者は蜆ツバサ/あやぱんとなっており、マンガボックスにて連載されています。

数ページの試し読み程度であればいくつものサービスありますが、もっと読みたい方のために無料で全話読めるサービスも紹介します!

第1話と最新話についてはマンガボックスで配信中なので、そちらもお試しください!

>>Sisterのネタバレ一覧はこちら!

 

FODなら「Sister」のマンガボックスでは配信が終了した話数も無料ポイントで読むことが可能です!

ポイント取得までに多少時間がかかりますが、確実に無料で読めるので気になる方は是非ご覧になってみてください!

▼Amazonアカウントで2週間無料&最大最大900P▼

>>FODで「Sister」を無料で読む!<<

スポンサードリンク

Sister【第7話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

Sisterのあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

Sister【第7話】のあらすじ

陽佑から連絡を受けた凪沙が病院へと駆けつけました。

沙帆の容態を聞いていると、病院の人に呼ばれます。

どうやら、目を覚ましたようで二人で病室へと向かいます。

 

沙帆は頭に包帯を巻かれ、点滴を付けられてはいますが、笑顔で迎え入れます。

陽佑が具合を訊ねると「この通り大丈夫よ」と受け答えもしっかり出来る様子です。

 

陽佑「どうしてあんな・・・おれをかばうようなこと・・・」

沙帆「・・・当然でしょ?あなたは大切な人だもの」

 

そして話に入ろうとした凪沙を見て「・・・どちら様?」という思いがけない言葉をかけました。

 

別室に呼び出された二人は、医師から沙帆が記憶障害に陥っている可能性があると告げられます。

MRI検査で脳に異常は見られないものの、事故のショックからか記憶の一部が抜け落ちている状況なので、様子を見ながら治療していくことになりました。

 

凪沙(陽佑さんのことだけ覚えてるなんて・・・)

 

Sister【第7話】のネタバレ

先に病室へ戻った陽佑は、医師から経過観察入院の話がでたと報告しています。

 

陽佑「今日はここにいるから安心して」

沙帆「ふふ 優しいのね でも帰ってちゃんと休んで仕事に行って?」

陽佑「いやでも・・・」

沙帆「ほら私元気だから!」

「こんなことで会社休んじゃダメよ 気持ちだけもらっておくから!」

 

 

そうして、陽佑は凪沙と共に病院から帰る事になりました。

陽佑は、もう会わないって言っていたけれど、沙帆の記憶が戻るまでしばらく病院に通おうと思うと話します。

凪沙も、こんなことになってしまったからには仕方ないと承諾しました。

タクシーを拾うため、手を挙げる陽佑の背中を見ながら、自分のために車の前に飛び出し、そのうえ自分のことだけ覚えている沙帆のことを、一体今どんなふうに思っているのか、複雑な気持ちになるばかりでした。

 

翌日、病院へ晃汰が走ってやってきます。

物凄い勢いで病室の扉を開くと「身体の具合は!?頭打ったの!?大丈夫!?」「なんであんなマネ・・・!」と一方的に話かけます。

沙帆はただ一言「失礼ですけど・・・どなた?」と不思議そうな様子で答えるばかり・・・

思いがけない現実に、言葉を失う晃汰。

その場に崩れるように座り込み、これからどうしたら・・・と頭を抱えています。

 

沙帆「なんてね そんなわけないでしょ 私は至って正常よ晃汰くん」

 

その言葉に、ボロボロと涙をこぼしながらベッドの側に向かうと、運ばれた病院が分からず3軒もまわったこと、会社を休んだこと、一生懸命話します。

 

晃汰「・・・なんで陽佑庇って飛び出してきたりすんの あんなの予定になかったじゃん 陽佑ビビらすだけだって・・・」

「沙帆ちゃんケガするなんてわかってたらおれ絶対やらなかったのに」

沙帆「だから言わなかったんじゃない 私は最初からこうするつもりだったわ」

 

「これでいいのよ 今の私は陽佑以外の記憶が無いの 陽佑は優しくて責任感の強い人だから」

晃汰「・・・自分を庇って事故って、自分以外忘れてしまった女をほっとけるわけないって?」

沙帆「そういうこと 少なくともこの状況で平然と凪沙ちゃんと過ごすのは無理でしょ」

 

沙帆の本当の目的を知って、晃汰は納得した様子です。

そして、このハイリスクなミッションをこなしたからにはと、それなりの報酬を求めています。

沙帆はくすっと笑うと「もちろんこっち来て。してあげる深ーいやつ」「これからも頼むわよ晃汰くん」と、晃汰にキスしました。

 

 

その頃、陽佑は仕事に身が入らず上司から注意を受けていました。

休んでいる晃汰の分も、フォローしなければならないのに、浮かぶのは沙帆のことばかり。

 

 

“陽佑のこと大好きだったわ”

 

 

“あなたは大切な人だもの”

 

 

“陽佑聞いて!私ね――――。”

 

 

やり場の無い気持ちに、プリンターの前で一人頭をかかえていました。

>>Sisterのネタバレ一覧はこちら!

>>FODで「Sister」を無料で読む!<<

Sister【第7話】のみんなの感想

目を覚ました沙帆は、まさかの記憶障害となっていました。

それも陽佑のことは覚えていて凪沙のことは忘れているという状況で、陽佑も責任を感じ、凪沙も寂しさを感じ、お互いもやもやする気持ちとなりました。

しかし、病院へ駆けつけた晃汰に沙帆は記憶障害は嘘であると、あっさり認めました。

これも作戦の一つだったんですね。

そして、沙帆の作戦に協力した報酬として、キスをしてもらっていましたが、沙帆と晃汰は身体の関係なんでしょうか?

最終的に陽佑と一緒になりたくて、晃汰を利用しているのか、晃汰と一緒になりたいけれど陽佑にどうしても復讐がしたいのか・・・目的が全く見えてきません。

ただ、沙帆の作戦は陽佑には効果的だったようで、崩壊に向かいつつある気がしました。

 まとめ

以上、「Sister」のネタバレを紹介しました。

実際に絵も交えて読むとなお面白い作品です!絵も綺麗なのでぜひ無料で読んでみてください!

ちなみに第1話と最新話はマンガボックスで無料配信中なので、そちらもお試しください。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です