捨てられた皇妃【第115話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第114話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第115話】のあらすじ

主神のお告げ通り、自分が望む場所を居場所にしようと決めたことを話す美優。

まさかゼナ公爵について行くことにし、アリスティアは驚きます。

 

残るは時期皇后についての問題ですが、このことについては明日話し合うことになりました。

会議は解散し、皇太子は自室で休んでいます。

このような騒動になるとは思わなかったと話すディマルク卿は、昔の貴族名簿を開き確認します。

ディマルク卿「ソニア男爵、モニーク侯爵の家臣でありモニーク領の小さな村の一つを治めている。男爵に家族や近しい肉親はおらず・・・男爵の死後、爵位返還予定!?」

侯爵令嬢が生きていたとしてもまだ30代後半のはず、これはおかしいと考えています。

少なくとも30年前の目母には夫人の名前があるはずですが見当たりません。

25年前の名簿から突如登場した「ジェレミア・ロー・ソニア」。

ディマルク卿「殿下これはもしや・・・」

皇太子「名簿は更新するたびに古いものを回収する。男爵一族の家系図の変化に気づく者などほぼいなかったことだろう」

その話にディマルク卿は納得し、ジェレミアにどんな事情があったんだろうと気になってしまうのです。

ディマルク卿「殿下、市内を流れる川で花流しが行われるそうです」

少し息抜きをしてはどうか?と提案し、その花流しへ向かうことにしました。

捨てられた皇妃【第115話】のネタバレ

花流しの会場にはアリスティアも、エンテア達と一緒に来ており、花に願いを込めて流すなんてきれいなお祭りだと話しています。

ですがアリスティアはどこか上の空。

流す花を渡されたところでふと我に返ります。

 

エンテアとイリアは思い思いにお願いをsして花を流したのですが、アリスティアはというと・・・。

アリスティア「あ・・・考え事をしてたら願いを込めるのを忘れてしまいました」

するとエンテアはもう一度、花を買いに行くことにしました。

 

アリスティアは今日の出来事が頭の中をずっとぐるぐるしており、他の事を考えられません。

当主代理として礼服を着て参加することで、自分の意思を周知させるはずだったのですが・・・。

それなのに自体が予想外の方向へ進み、失敗。

皇帝派の誰かが美優を支えれば何の心配もなく一族の後を継げると思っていたのに、まさかの美優はゼナ公爵を選んだのです。

平和ボケをしてしまっていたんだ!私のバカ!

美優が来たときの対策を何も考えずに今日まで来てしまったことを後悔します。

そして母の事を賎民の子だと言われたことも思いだしてしまい、ふと思い詰めてしまうのです。

すると・・・すこし離れたところに皇太子がたっていることに気づきます。

皇太子(アリスティア!)

二人は目が合いますが、アリスティアは今は会いたくなかったと思い思わず足元がふらついてしまいます。

エンテア「アリスティア様!大丈夫ですか!?」

その姿に気づいた彼女が駆けつけ、アリスティアを支えました。

アリスティア「あ・・・エンテア、少し目眩がして・・・」

エンテア「どこかに座りましょう」

二人は向こうで涼もうとそのまま歩いて行くのですが、イリアは皇太子の存在に気づき頭を下げて行ってしまいます。

 

翌日の政務会議最終日。

陛下「・・・ルブリス、もう一度言いなさい」

皇太子「嫌だと申し上げました、父上」

その言葉にアリスティアは驚き、美優はじっと見つめています。

陛下「・・朕の決定を拒むのか?」

驚いている様子ですが、皇太子はいたって冷静です。

皇太子「はい、モニーク侯爵令嬢を時期皇妃に、ゼナ侯爵令嬢を時期皇后に迎えるなんて、同意できません」

 

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第115話】のみんなの感想

あまりのことにアリスティアは精神的に参っているようです。

友人がいたからこそ支えられてますが、やはり辛いですよね。

皇太子はそんな彼女の様子を見てからか、なにかを考ええている様子でしたが、まさか陛下の考えに同意できないなんて言うとは思いませんでした!

果たしてこの答えにどう動くのか、美優はどう思っているのか・・・きになります!

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です