捨てられた皇妃【第121話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第121話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第121話】のあらすじ

まさか、新たなお告げが聞こえているの!?

戸惑うアリスティアは美優の方を見ますが、彼女は何も聞こえてない様子です。

 

そしてしばらくして、陛下がアリスティアからお告げの事を聞かされます。

「潮風を含み潮風を帯びた地で芽吹く」とは、海に近い場所なのだろうか・・・、すると皇太子もそうだと思うと同調します。

これは大神官の誕生を知らせるお告げではないか?と皇太子は主張しますが、陛下はまだ世代交代の次期ではないはずだと考えている様です。

アリスティアは少し前に、大神官がおっしゃっていたことはこのことだったのだと確信します。

となると、すでにお告げがあることは知っていたということ。

それはいったいどうしてなのか?新たな大神官の誕生を事前に知る方法でもあるのだろうか・・・?

陛下「・・・このお告げの内容は、今朝モニーク侯爵令嬢が朕に話してくれた内容と正確に一致する。神の声が聞こえるというのはやはり事実だったか」

その言葉にざわつきます。

皆に知られるのがイヤで、陛下にこっそりと伝えたのですが・・・こんな皆の目の前で話すなんてひどいと、アリスティアは戸惑います。

そんな様子を、美優はじっと見つめているのでした。

捨てられた皇妃【第121話】のネタバレ

建国記念祭二日目。

アリスティアはカルセインからもらったドレスを着て、向かいます。

神の声が聞こえることを知られてしまったので、貴族派はこれまで以上に邪魔をしようとするはずだと気持ちを引き締めます。

するとエスコートしてくれているカルセインが、アリスティアのことをじっと見つめるのです。

アリスティア「どうしたの、カルセイン?」

カルセイン「ことわざってホントその通りだよな。馬子にも衣裳、今日はいつも以上に輝いて見えるぞ」

あらさがししようとしたのに見つからない・・・そんな彼の言葉を聞いて、アリスティアは微笑みました。

カルセイン「それだよ、それ。その笑顔だチビ。こんなに眩しいんだから次の曲の主人公はおまえだな」

そう言ってアリスティアの手を取り、二人は曲に合わせて踊り始めました。

そんな二人の様子を、皇太子は離れたところから見つめているのです。

 

すると、「パリンッ」とグラスが割れる音がしました。

そうこれでもう三度目。

きっとラニエル嬢がわざとぶつかったに違いありません。

汚れてしまったドレスを手に、どうも出来の悪い使用人ばかりなのかとおこるラニエル嬢。

アリスティアは染み抜きの処置を行うので、別室に通すと案内しようとしますが、そこでもヘマをされそうで怖いと断られてしまいます。

耐えるんだ・・・と自分に言い聞かせるアリスティア。

するとまた違うところでガラスが割れる音が聞こえてきました。

ため息をついても、また慌てて駆けつけるアリスティア。

するとハメル嬢が目眩をしてしまったんだと言いました。

それよりも、このテーブルは不安定で危険だと言いがかりをつけ、この宴の主催者あのだからもっと安全確認をして欲しいと注文します。

もう意図的なのがまるわかり。

アリスティアに大恥をかかせたいようです。

ここでアリスティアに、また目眩が襲っていきます。

美優「無礼ですよハメル嬢、今すぐモニーク侯爵令嬢に謝ってください」

ですがハメル嬢の謝り方はどうもいいものではありません。

ゼナ公爵「宴もろくに取り仕切れないのか、明日うちの娘を見て学ぶといい」

安全点検を徹底しますとしか言いようのないアリスティアは、周りの人たちにクスクスと笑われてしまいました。

アリスティア(また具合がわるくなってきちゃった、終わるまで立っていられるかしら)

 

まだその場に残る美優に気づいたアリスティア。

アリスティア「・・・殿下のお側を離れていいのですか?」

美優「殿下がそんなに気になるんですか?」

心配しなくてもすぐに戻るとあしらわれていると、カルセインが間に入ります。

カルセイン「殿下はどうしてこのような美しい人を置いて行かれたのでしょうか。陛下に呼ばれて席を外されたんでしたっけ?」

続けて、別行動をするようではパートナーとは言えない、今日の殿下はいつにもましてお忙しいようで残念だと、挑発的です。

美優「モニーク侯爵令嬢、誰かを盾にしたりするような人じゃないと思っていたのにガッカリです」

いつまでも人の力を借りているようじゃ殿下を支えたりはできないと言われますが、アリスティアは必ずしもそうではないみたいだと反論します。

するとここでカルセインが、殿下が戻るまで一曲踊って欲しいと美優にお願いしました。

美優はしぶしぶついて行き、アリスティアは少しホッとします。

 

いつまでも人の力を借りているようじゃ、殿下を支えたりできない・・・アリスティアも前はそう考えていました。

ですが今は違う。

目の前で踊っている美優は、カルセインの足を思いっきり踏みつぶしています。

すると使用人からお茶を配られました。

アリスティア「何かしら?」

殿下からだと言われ彼の方を見ると、彼もこちらを見て頷いています。

お茶を口に含むと、さっぱりとしているのに甘い、少しモヤモヤが晴れた気がしてきます。

 

宴が終わり、帰り道カルセインと一緒に歩いています。

カルセイン「おいチビ疲れただろ。顔色が悪いから倒れるんじゃないかとハラハラしたよ」

今日はいろいろありがとうと、アリスティアはお礼を言います。

カルセインは踏まれた足が痛むようで、まさかの全体重をかけて踏まれていたのです。

そんなに痛いの?とアリスティアはカルセインに足を見せるように言いました。

カルセイン「おい~、今日はやけに積極的だな?そういうのは結婚してからにしてくれよ」

またふざけるカルセインに、何を言ってんの?と冷たく対応するアリスティア。

アリスティア「人が心配しているのに・・・」

するとカルセインは、アリスティアの頬に手を当てておでこに優しくキスをしました。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第121話】のみんなの感想

カルセイン!!最後はなんだか感動しました・・・。

気持ちを伝えたいけど、冗談のように言うしかなかったのに。

これで何か進展はあるのでしょうか?

貴族派のやり方はとても汚く、見ているこっちも気分がよくありません。

だからといって成功するとは考えにくいかと思いますが、本気なんでしょうね。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です