捨てられた皇妃【第123話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第123話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第123話】のあらすじ

大神官「改めましてごあいさつ致します。主神ビタの第二の根、セクンデュスです。命の祝福と共にありますように」

第三の根だった方が第二の根となったということは、大神官の一人が神のもとにお帰りになられたのだろうか・・・・とアリスティアにご民が浮かびます。

ですが大神官はすぐに、アリスティアが二つの毒に侵されていたのだと話しました。

解毒呪文だけでは毒の種類を正確に突き止めることはできないそうですが、過去にも解毒をしたことがあったのだそうです。

その毒は少量ずつを長時間摂取することで、貧血や息苦しさ、そして情緒不安定を引きおこすのだと教えてくれました。

アリスティア「そういえば倒れる前にそのような症状が・・・ありました」

一度や二度摂取するだけでは死に至らないそうですが、少量ずつ摂取したものが体内に蓄積されると、やがて命を奪うのだそうです。

女性の場合、大きな後遺症が出ることもあり、子宮が収縮し子供が産めなくなるという言葉を聞かされてアリスティアは震えます。

その症状は時を遡る前にも悩まされていたものと同じ。

誰よりも冷静で落ち着いていたアリスティアが、いつの間にか感情に勝てなくなっていました。

それはたしか、皇妃になった直後から。

当時はただ振り向いてくれない彼への怒りだと、神経を逆撫でする美優への苛立ちだと思っていました。

生まれつき身体が弱かったため、過労が貯まって流産したのだと思っていたのですが・・・。

誰かに毒を盛られていた可能性があるとわかり驚きます。

アリスティア「それでは私はもう、子を産むことができないのでしょうか?」

大神官「それはわかりません。公爵夫人もこの毒で倒れたことがあったのをご存知ですか?」

すぐにパパの方を見るアリスティア。

パパ「あのときも、猊下がお店にならなければ助からなかったことだろう」

前例がある為希望もありますが、今回は少し状況が違うため断言はできないと大神官は言いました。

アリスティア「私は二種類も毒を盛られていたから・・・!」

大神官「はい、もう一つの毒により体に蓄積していた毒の作用が強く表れたのだと思われます。そうでなければあれほどまでひどい中毒症状は起こりません」

皇宮を離れる前に二度祈りを捧げておいてよかったと話し、そうでなけだばここに着く前に亡くなっていたであろうと教えてくれました。

そしてアリスティアに飲み物を渡した使用人はすでに殺されており、調べた結果ラニエル伯爵の指示だったことが発覚したのだそうです。

余罪を追及するため審問を行っているそうで、安心して休んでいるようにパパが言いました。

 

皆が部屋から出て行くと同時に、カルセインがやってきました。

何も言わずにアリスティアを抱きしめ、間に合ってよかったと、もう二度と会いないかと思ったと悲しい表情を見せるのです。

ごめんねとだけアリスティアが答えると、頼むから健康でいてくれとカルセインは言います。

捨てられた皇妃【第123話】のネタバレ

美優が大量にモスリンを買い込んでいることがわかったアリスティア。

そしてエンテアに仕入れておくように指示したモスリンをゼナ家に売るように伝えて欲しいと依頼し、価格は彼女に任せるができるだけ高く売るようにと付け加えました。

アリスティア(資金不足に悩まされるといいわ)

第一騎士団でアリスティアに仕えていたメイドと宴会場で飲み物を運んでいた使用人、この二人と接触していたのはラニエル伯爵のみだと教えられました。

ラニエル伯爵が一人でこんなことをしたとは思えないアリスティアは、さらなる黒幕がいるはずだと考えているのです。

ラニエル伯爵に罪を着せて逃げる気かもしれないと。

まさか美優も加担したのではないだろうか・・・?

アリスティア「ラニエル伯爵が一人で責任を負うことはしないはずですので、人目につかない場所に証拠となる分書を隠しているはずです」

そしてカロット男爵、ラニエル伯爵の身の回りを調べるように指示を出しました。

 

アリスティアのもとに、陛下が危篤であるという知らせが入りました。

アリスティアが毒を盛られたことに激しくお怒りになり、そのまま倒れてしまったそうです。

また顔色がよくなったと思っていたのに、自分のせいで陛下がこんなことになってしまったと、お見舞いをしながら自分を責めます。

陛下「アリスティア、回復して本当によかった」

すぐに謝るアリスティアですが、陛下はただ与えられた時を全うしたのみだと話します。

そして最後に一つ頼みがあると、アリスティアに話しかけました。

陛下「モニーク一族の後を継いでも、友人という形でいいからあの子の傍にいてやってくれないか・・・」

アリスティア「陛下、必ずそういたします」

そして最後にアリスティアを守ってくれるという小さな贈り物を上げようと話、そのまま目を閉じました。

とても強い方だったのに、今ではその面影もなくなってしまったと、陛下を見つめながらアリスティアは思います。

どうか元気になってください、私が陛下の力でたすかったように・・・。

そして部屋をでるとそこには皇太子がいました。

皇太子「久しぶりだね」

アリスティア「申し訳ございません、殿下・・・私のせいで陛下が・・・」

ですが皇太子はどうしてそうなる?と聞き返し、いつも自分のせいにしてしまうと続けました。

アリスティアは被害者で何も悪くないという言葉。

皇太子「父上のことはそう心配しなくていい。強いお方だからすぐに回復されるはずだ」

頷くアリスティアに皇太子は、君を失ってしまうのではないかと怖かったと、気持ちを話すのです。

皇太子「ラニエル伯爵はこの際はっきり見せしめにしてやる」

アリスティア「殿下、伯爵の処分をしばらくお待ちいただけませんか?」

なぜだという問いに、彼は真犯人ではなく彼を使って黒幕を暴き出したいんだとアリスティアは言いました。

皇太子「餌にするということか・・・いいだろう、捜査権を君の一族に渡そう」

ですが今回の事件は皇室への挑戦でもある為、いつまでも保留にしていられないこと。

三か月の時間であとのことはベリータ公爵と話すようにと言われました。

 

ゼナ公爵「我が輩と息子たちしかにゅうしつを許されていないだと?うちには娘もいる!!」

そう声を荒げるのですが、令嬢である美優の謁見許可は下りていないとだけ伝えられます。

なぜだと聞いても、陛下のご意向だと答えられるのみ。

その答えに美優は悔しそうな表情を見せました。

 

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第123話】のみんなの感想

なんだかことが大きくなってきました。

陛下の体調がよくならない限り、皇太子が後を継ぐことになるでしょう。

それはきっとすぐの話。

アリスティアに振りにならないといいのですが、美優が有利になることは考えられません。

ここまで制限をされている美優ですが、今後どう行動を起こすのか・・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です