捨てられた皇妃【第124話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第124話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第124話】のあらすじ

アリスティアに謁見の許可が下りたことは事実だろうというゼナ公爵。

陛下があんなにも悪くなった要因であるアリスティアに謁見を許可するなんて、殿下はなにを考えているんだと、皮肉たっぷりです。

その話を聞いて、ゼナ公爵と美憂には謁見を許可されなかったんだと、アリスティアは気付きます。

陛下がおっしゃっていた贈り物とはこのこのことだったのだろうか・・・?

パパはゼナ公爵に、発言には気を付ける様忠告。

たしかに娘は陛下に心配をかけてしまったかもしれないが、アリスティアに毒を盛った主犯と親族になるところだった公爵にそのようなことを言われたくないと批判します。

すぐにゼナ公爵は言い返そうとしましたが、その場にいた男性に止められます。

そして謁見許可が下りなかった公爵の気持ちを汲み取って欲しいと、やんわりと伝えてきたのです。

その男性は、「ミルワー侯爵令息」で、ミルワー一族の後継者です。

彼はアリスティアに丁寧にあいさつをしてくれました。

そんな様子を、美優は面白くなさそうな表情でみています。

 

もし毒を盛った真犯人が美優ならば、時を遡る前も彼女が毒を盛っていたならば、絶対に許すことは出来ないと、アリスティアは決心するのです。

捨てられた皇妃【第124話】のネタバレ

皆が皇太子ルブリスに敬礼を行います。

新皇帝万歳、帝国の新たな太陽と称えられている様子を、アリスティアも離れたところで見ているのです。

皇太子ルブリス「先皇は聖皇と呼ばれたほど帝国民を大切にし、愛したお方だった。ビタのもとで安らかにお眠りになられることを願い、僕ルブリス・カマルディン・シャーナ・カスティーナは、先皇の遺志を継ぎ、帝国を治めることをここに宣言する」

皆の声を上げ、ルブリスを称えるのです。

 

その後ルブリスは、陛下の元へ行き花を手向けます。

そんな彼の姿を見ながら、涙を流すアリスティア。

パパから呼ばれ、帰ることにしました。

ですがそこで花を手向けている時のルブリスの表情が気になってしまい、そのままどこかへ向かいます。

 

墓の前に立ちすくむルブリス。

アリスティア「・・・陛下・・・」

ルブリス「アリスティア?どうしたんだ?」

もう遅いから帰れと言われますが、アリスティアは彼の元へ行き・・・

アリスティア「しっかりなさってください!」

と声を大にして言うのです。

戸惑うルブリスですが、それでもアリスティアはお気を確かにもたれなければならないと必死です。

アリスティア「どうか打ち勝たれてください。陛下が負けてしまわれますと、先皇が悲しまれます」

目に涙を貯めながら跪き、そう伝えるのです。

ですがルブリスは、いつも帝国民の心配をしていた方だったから、自分がしっかりしなければ帝国民を守ることが出来ないから悲しむだろうと言います。

アリスティアはそうではないと前置きし、先皇が心から慈しまれていらっしゃったのでこうして申し上げているんだとはっきり伝えるのです。

ルブリス「・・・そんなはずはない。父上は・・・最期の最期まで僕を信用できず帝国民の心配をしてきたんだ」

アリスティア「違います陛下、先皇は・・・」

すると離れたところから、私は陛下の正妃候補ですと叫ぶ声が聞こえてきました。

騎士を説得しようとしているのは美優で、どうして陛下に確認をしないまま道を塞ぐのかと必死です。

ですがルブリスはそんなこと気にもしておらず、もう遅いから行こうとアリスティアに言いました。

そんな二人の様子を、美優は睨みつけるように見ています。

 

二人になってから、ルブリスはアリスティアに一つ頼みがあると話しました。

ルブリス「今晩、僕と一緒にいてくれないか?」

アリスティア「はい?へ・・・へ・・・陛下それはどういう・・・」

ルブリス「一人では・・・夜を越えられそうにない」

アリスティアの戸惑う雰囲気を感じ取ったのか、ルブリスはやはり無理だよなと謝りました。

アリスティア「このところ、すっかり過ごしやすくなり夜風に当たりながら散歩をしたいと思っておりました。よろしければご一緒にいかがですか?」

そんな優しい言葉にルブリスは、ありがとうと伝えます。

 

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第124話】のみんなの感想

陛下の最期にも謁見の許可がおりなかった美優。

そして、ルブリスにも近づくことができない美優。

これは今後に影響を与えるのでしょうか?

そしてアリスティアはルブリスを支えようと散歩に誘いました。

ですが今後の彼との関係がどうなるのかは・・・まだわかりません。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です