捨てられた皇妃【第125話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第125話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第125話】のあらすじ

今晩一緒にいて欲しいとルブリスから言われ、戸惑うアリスティア。

ルブリス「一人では・・・夜を越えられそうにない」

するとアリスティアは、彼を散歩に誘うのです。

 

2人になったとき、ルブリスはパパがアリスティアの転出申請書をだしてきたことを話しました。

アリスティアを第二騎士団へ所属させるためだそうです。

第一騎士団のなかであのようなことがあったため、きっと不安なのだろうとのこと。

普段感情をあまり表に出さない人だから、意外だったとルブリスは話します。

アリスティア「実は私も、父との間に壁を感じていました」

いつも無口なパパとの間には会話はほぼなく、てっきり愛されていないのだと思っていたのです。

次第にアリスティアの方からも距離を置くようになったことを話すと、彼はどうやってその距離を縮めたのかと質問してきました。

アリスティア「・・・ある日悪夢をみたのです。とても孤独な夢でした。まるで世界に一人残されたような」

そして耐えきれずパパに救いを求めたところ、温かく包み込んでくれたのです。

アリスティア「表に出さないだけで、父はいつも私を想ってくれていたのです。先皇も表に出されなかっただけです」

先程ルブリスが信用してもらえなかったと話していたことを出し、それは違うと否定しました。

アリスティア「先皇は陛下を信じ、誇りに思っていらっしゃいました。皇太子妃候補の王女たちが宮殿に見えたとき、先皇がおっしゃっていました。陛下を信じているから、陛下の決定を尊重すると」

生意気ながら、信頼しているのならどうしてルブリスに厳しくしているのかと伺ったことを話すと、彼は興味がある様です。

そして、心は痛むがその役割をする人が自分しかいないとおっしゃっていたことを伝えます。

アリスティア「陛下は後に帝国を治めるお方になられるので」

ルブリス「・・・そうか」

捨てられた皇妃【第125話】のネタバレ

そしてアリスティアは、あの蕾を見つめます。

もう何年も蕾のまま。

そろそろ花咲いてもいいころだけど、何が原因なのだろうと疑問が浮かぶのです。

ルブリス「まだその花が気になっているようだ」

アリスティア「陛下からお話を聞いてからどうしても・・・」

気が死んだわけではないから待ってみようとルブリスは言い、その場に座ろうとエスコートします。

ルブリス「ここでは君といろんなことがあった」

そして彼は、自分はアリスティアの事を誤解していたというのです。

ルブリス「うむ・・・実は数年前まで、君を恨んでいたんだ」

アリスティア「・・・はい、存じております」

ルブリス「・・・僕の母は亡くなった皇后陛下ではない。皇后陛下の息子として育てられただけで、僕の母は皇宮で働いていた下女だった」

不思議そうに聞き返すアリスティア。

ルブリス「その事実が知れ渡っていいことなどなかったため、生まれてすぐ皇后陛下に委ねられたが、実子えない僕をかわいがるわけがなかった」

それでも本当の母親だと思っていたルブリスは、実母が別にいると知り、頭が真っ白になったのです。

そんなときにアリスティアの母と知り合いました。

頻繁に会っていたわけではないが、時に厳しくしてくれるアリスティアの母の事が好きだったし、母親とはこういう人のことを言うのだろうと感じたそうです。

ルブリス「ある日、皇宮にジュウス人の暗殺者が忍び込んできたのだが、侯爵夫人は本能的に君をかばった」

隣にいた自分ではなく、アリスティアをのだと。

ルブリス「当然のことだったが、君は何も悪くはないのだが・・・僕を守るようにと騎士に叫ぶ皇后陛下と、とっさに君をかばった侯爵夫人の姿があまりに違って見え・・・なぜか腹が立ったのを覚えている。母親のように思っていた人に見捨てられたようで心がいたかったのだ・・・」

侯爵夫人はアリスティアの母だから当然なのですが、あの冷たい皇后陛下までもがアリスティアに優しかったのだそうです。

自分に見せてくれなかった優しさ、欲しがっていた愛を一身に受けていたアリスティア。

父すらもアリスティアの事を褒めており、歯を食いしばり負けまいと努力を重ねる自分を褒めてくれることはありませんでした。

ルブリス「だから僕は君を好きになれなかったし・・・羨ましかった」

だから成長とともに憎しみが強くなっていったんだと思うと、正直に話すルブリス。

その話を聞いたアリスティアは、時を遡る前の彼は、だからあんなに自分を嫌っていたんだとわかりました。

あの時の事を許したり忘れることはできませんが、少しは彼の事を理解できたような気がするのです。

 

ルブリス「・・・ありがとう。君が今の話をしてくれなかったら、僕はずっと父のことを誤解したままだっただろう」

アリスティア「先皇のお気持ちをお伝えでき、よかったです」

 

人は死ねば星になると言いますが、地上に残した誰かに見上げて欲しくて光輝いているのだろうか・・?

そう空を見上げながら考えていると、肩に「トン」と何かがもたれかかってきました。

ルブリスは疲れたのか、アリスティアの肩で眠ってしまったのです。

いくら想いを寄せても、嫌われただけだった一度目の人生。

彼に振り向いてもらえたのに一緒になれない今・・・どうしてこうなってしまったのだろうか?

ルブリスは少し、涙を流していました。

アリスティア(このままでは首が痛そう)

せめて幸せな夢を見せてあげたいと、ルブリスの頭ををそのまま自分の膝の上にのせました。

 

アリスティア(うそでしょ!どうして私が皇帝陛下の寝室で朝を迎えるの?)

どうしてここに自分がいるのかわからないアリスティア。

侍女たちに聞いてもわからないとのことです。

「皇帝陛下から預かりました」

すると手紙を渡されます。

 

会って話しがしたかったが人目があり手紙にした

昨夜はありがとう。あまりよく覚えていないが、おかげでいい夢を見た気がする。

ルブリス・カマルディン・シャーナ・カスティーナ

 

その手紙を読んで、アリスティアは少し微笑みます。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第125話】のみんなの感想

二人は打ち解けました。

いろいろとありましたが、もやもやが晴れてよかったです!

ただ、アリスティアは昔とは違う方向へと進んでいます。

ルブリスも同じですが、このままだとすれ違ってしまいそうです。

何とか少しでもお互いがいい方向へ進んでくれているといいのですが・・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です