捨てられた皇妃【第126話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第126話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第126話】のあらすじ

アリスティアの指示通り、ゼナ家の商団に三倍の値段でモスリンを売り払ったという報告が入りました。

これは予想通り。

時を遡る前、モスリン作られたドレスの人気に火が付きました。

あの時は派手なかんざししか流行っていなかった為、それに合う素材が注目を浴びたのです。

アリスティア「では次はかんざしに変化を与えてみましょう。装飾を控えめにし、洗練したデザインにしてください」

新しいかんざいしを販売する前に、最高級のサテンをあらかじめ入荷しておくのも忘れないように伝えます。

シンプルなかんざしが流行れば、地味なモスリン求める人がいなくなると考えているのです。

モスリンを買い占めたゼナ家の商団は大損をするはずだと。

 

するとエンテアはただの噂ではあるが・・・と話を始めます。

数年前、ディアス伯爵夫人に産まれた男の子は、実は伯爵の子ではないという噂が流れているのだそうです。

オシドリ夫婦で有名なのに、伯爵の子ではない!?と疑問が浮かんだアリスティアは、火のない所に煙は立たないというから調べて欲しいとお願いします。

 

そしてパパがルア王国の使節団を迎える為首都を離れている間、二通の手紙が届きました。

午後に開かれる政務会議に参加するようにという召集状と、気にせずに家にいなさいという陛下からの手紙。

その手紙を見るからに、次期皇后を誰にするのかはっきりしたいんだと考えたアリスティア。

以前、アリスティアが持っている皇位継承権や神に選ばれし子だという事実を理由に、ミルワー侯爵令息をはじめとする貴族派が、アリスティアを皇妃として迎えるべきだと主張していると言う話を聞きました。

それはもうすぐ新設される第三騎士団の団長を狙い、政務会議で存在感を示そうとしている様で厄介な人だと聞かされているので、慎重になるのです。

これは避けては通れない道。

辛くても六年近く結論を出さずにいたこの問題に白黒つけなければと、アリスティアは考えるのです。

捨てられた皇妃【第126話】のネタバレ

政務会議に出席すると、すぐに問い詰められるアリスティア。

美優はアリスティアが寝込んでいる間に正妃としての素質を証明してきたが、アリスティアは何がしたいのか問い詰められるのです。

答えようとしたところ・・・

ルブリス「ゼナ侯爵令嬢がモニーク侯爵令嬢よりも優れていたことがこれまでに一度もあっただろうか」

そもそもゼナ侯爵令嬢は皇后としての素質云々ではなく、父に認められなかった女だということを忘れてはいけないと話します。

ですがすぐに、それはアリスティアの欠格事由ほどではないと対立。

「モニーク侯爵令嬢には、致命的な問題があるではありませんか」

その言葉に反応するアリスティア。

皇后の最も重要な役割は後継ぎを産むこと、毒を盛られたことは非常に気の毒だが先のことを考えても後継ぎは正妃から生まれるべきだと貴族派が主張します。

後継ぎを産むことができないのであれば、国の未来が危ぶまれるとまで言われてしまうのです。

その主張に乗ってきた人たちが、子を産めない者が皇后になるなんてと、アリスティアの事を否定し始めます。

その中には、ラス卿たちもいるのです。

そうだったのか、あなたたちも私をそんな風に見てきたのかとここでわかったアリスティア。

アリスティア「・・・その点はご心配には及びません。私には皇后になる意思がありませんので」

その発言に驚くルブリス。

アリスティア「皇帝陛下、この人達の言う通り私は陛下の側にいる資格のない女です。婚約を解消しましょう」

ラス卿たちは、私達に事前の相談もなくどうしてそんなことを!!と止めに入りますが、アリスティアには届きません。

アリスティア「婚約を解消し、皇室のことと一切から身を引きます。ですのでこれ以上の誹謗はおやめください」

これだけの事を伝え、その場を後にしました。

 

ルブリスはアリスティアの事を必死に追いかけました。

ルブリス「アリスティア!だから来なくていいと言ったんだ・・・・」

アリスティア「皇帝陛下、予想していたことではありませんか。いつか向き合わなければならないことでした」

自分が子を産めないという事実は変わらないと続けますが、ルブリスは自分がなんとかすると引きません。

大神官はまだわからないと言っていたと、説得を続けましたが、アリスティアには響きません。

アリスティア「産めない可能性がある時点で欠格なのです。推し進めたってあの者達の反感を買うだけです」

ルブリス「君を手に入れるためならそのくらい、痛くも痒くもない」

アリスティア「陛下、前に約束をしてくださいましたよね。私の意思を尊重してくださると」

ルブリス「・・・もう考え直す余地はないのか?」

生れたときから決まっていた未来を、公の場でなかったことにしてしまうほど僕の事が嫌いなのか?と問いました。

アリスティアは涙をこらえているようにも見えます。

アリスティア「陛下・・・陛下に恋心を抱いたことがないとは言えません」

時を遡る前はひたむきに思い続けましたが、今は別の人生を歩んでしまったのです。

今は違う・・・そうはっきりと伝えてしまいました。

ルブリス「・・・わかった、君の望み通りにしよう」

そのまま彼は言ってしまい、アリスティアは一人で涙を流します。

 

屋敷に戻るなり、リナにドレスを全部燃やしてとお願いするアリスティア。

彼女たちは驚いていますが、指示に従うしかありません。

カルセイン「アリスティア!」

急に部屋に入ってきたので、何をしに来たのかと聞きます。

カルセイン「おい、泣いたのか?目が真っ赤じゃん」

アリスティアは何も答えません。

カルセイン「皇宮で何があったかは聞いた。まさかうちの父上もお前を悲しませたんじゃ・・・」

何かを理解したカルセインは、その場で代わりに謝ります。

アリスティア「・・・もう遅いわ。私は今後金輪際、一切の事に関与しないと決めたの。首長であるラス一族と恨みつらみを持つのも構わないという意味よ」

カルセイン「・・・もう俺に会いたくないって言うのか?」

なんでそんなにいつも極端なのか、自分が力になるから追い詰めないでくれと懇願します。

カルセイン「俺、家を出るよ」

まさかの言葉に、アリスティアは驚きます。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第126話】のみんなの感想

こんなに責めなくても・・・。

この時代には、子供が産めるというのがそんなに大切なんでしょうね。

ですがこれは、アリスティアのせいではありません。

じゃあ誰が毒を盛ったんだと思ってしまいますが、ここもまだはっきりとはわかっていません。

何か進展があればいいのですが、このままではアリスティアのみ悪い方向へ行っている気がします!

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です