捨てられた皇妃【第127話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第127話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第127話】のあらすじ

家を出ると話すカルセインの言葉を聞いて、アリスティアは驚きます。

家を出れば、一族の政治的なことに従わずに済むと考えた様です。

アリスティア「待って、私はカルセインを巻き込むつもりなんてない」

カルセイン「わかった、この話はまたにしよう」

ゆっくり休めよと言い、部屋から出て行きました。

 

三日後、会議で話し合われた内容が書かれた報告書が届き、そこには新皇帝となった彼の式典の日程が書かれていました。

問題の皇后選びに関しては何の記述はありませんでした。

 

パパはアリスティアから、婚約解消を申し出たことを聞かれました。

結局そうなったのか・・・と納得した様子のパパの反応に、アリスティアの表情は曇ります。

パパ「よく頑張った」

アリスティア「・・・え?」

パパ「やっと嫌なことから解放されたではないか」

悩み苦しむアリスティアを見ているのは胸が痛かったパパは、抱える最も大きな不安が消え、本当によかったと思っていると言ってくれたのです。

そしてこの家も無理して継がなくてもいいと言ってくれ、これ以上皇后の座を拒む言い訳は必要ないとまで話してくれたのです。

パパ「これからはお前の好きなようにいきなさい」

アリスティアは涙を流しながら、気持ちを伝えます。

アリスティア「ううん、パパ。私は・・・パパの後を継ぐ」

プライドに名誉、どうして私はそんなくだらないもののために大切な人達を傷つけているのだろう。

こんな自分が憎いとさえ思ってしまったのです。

 

そして成人式の話になり、首都ではなくうちの領にあるお屋敷で開いても良いかパパに確認しました。

この際後継ぎとしての地位を固めておきたい、武家の娘らしい姿を見せる為に、少し違った方法で宴会を開きたいと伝えます。

捨てられた皇妃【第127話】のネタバレ

「偉大なる帝国の太陽よ、お受け取りください」

「帝国の太陽に、ビタのご加護がありますように」

王冠を受け取り、ルブリスは正式に皇帝陛下となりました。

参列しているアリスティアですが、彼が一度もこちらを見てくれないことが気になりました。

パパ「どうかしたか?」

アリスティア「ううん、なんでもない」

すると目に入ったのは、ルブリスの横にべったりとくっつく美優の姿。

彼女はこちらを見ながら、微笑んでいました。

その表情が気になったアリスティアは、パパにもう行こうと言い、その場を離れます。

 

アリスティアの元に一通の手紙が届きました。

「この間お話ししたことの詳細情報です。

彼女は黒を好み、最も好きな植物はバラ。

花よりも蕾が好きだそうです。

ほぼ間違いないとみていいと思われます。ではご指示をお待ちしております。

エンテア・スー・シャリアより」

黒いバラの蕾と言うのは、ゼナ公爵の後継ぎを意味するはず。

ディアス伯爵夫人と公爵の後継ぎが・・・!?

もしこれが事実であれば、この上なく強い切り札を手に入れたのかもしれないと、アリスティアは確信します。

手紙を燃やしながら、もう一つ手にしているのは権限を委任してもらった毒の調査報告です。

ですが毒の入手経路がはっきりしません。

密輸入したとは思えませんし、共犯者を消した痕跡もありません。

関税が課されない神殿を通さずにこんなことができるなんて・・・と、アリスティアは不思議そうにしています。

どうやって証拠を隠滅したのだろうか?

もし毒を持ちこんだのが神官だったら?

まさか神殿が事件に関与しているのだろうか?

 

報告書を持って、ルブリスの元へ向かったアリスティア。

ルブリス「神殿か・・・可能性はあるが、もう少し調査をしてみなければならない」

皇権は教権に干渉できないと言い、もうしばらく事の行方を見守ろうとだけ言いました。

何かあれば連絡するとは言ってくれましたが・・・。

彼の対応が腑に落ちないアリスティアは、微妙な反応をしてしまいます。

ルブリス「まだ何かあるのか?」

アリスティア「あっ・・・いえ」

部屋を出たアリスティアは、鬱陶しそうにされてしまったことで、少し落ち込みます。

 

神殿に向かったアリスティアは、大神官と話をしています。

大神官「この間のお告げとともに生まれた主神の第六の根。セクストゥスがここにやってくるはずです」

アリスティア「そのお方はまだお年が・・・」

生まれたての赤ちゃんなのにどうして?と不思議そうにするアリスティア。

大神官「一か所に留まらず、主神の代わりにあちこち出向くのが根の義務ですが・・・今回のように世代交代が行われる場合は、例外として新しい仲間の世話をしながら特定の場所に留まることが許されます」

もう少し帝国にいると話す大神官。

そして微笑みながら、侯爵令嬢は侯爵夫人に本当によく似ていますと言いました。

あの当時侯爵夫人であるジェレミアは十八。

ちょうど今のアリスティアと重なるのかもしれないと言いました。

大神官「私はあのお方に大きな借りを作りました。今日侯爵令嬢をここにお呼びしたのはそのためです」

ここにいる間、アリスティアに定期的な祈りを捧げると約束し、忙しくても半月に一度は神殿に来てほしいと言いました。

侯爵夫人に借りを返したいと話す大神官。

ありがとうございますとお礼を伝え、アリスティアは別れました。

 

「あら、モニーク侯爵令嬢じゃない」

帰り道声をかけてきたのは美優でした。

美優「やっと二人っきりで話ができるわね。モニーク領で成人式をするんだって?」

あんなに強がってたくせに、逃げるなんて情けないと挑発しました。

美優「それより前のあの目はなんなの?まだ彼を諦めきれてないわけ?」

婚約を解消すると言いながら、気を引こうとするなんて馬鹿な女だと美優は言い、落ちるところまで落ちたとまでバカにするのです。

アリスティア「・・・好き勝手言わないでください。私は本当に皇后になるつもりがないだけです」

美優「笑わせないで、私を嫉妬に狂った目で見てきたくせに」

嫉妬?自分が嫉妬をしてるだなんて思いもしなかったアリスティアは、戸惑いを見せるのです。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第127話】のみんなの感想

神殿が関係している?

そんなことってあるのでしょうか?

ですが情報はエンテアからのものですので、信用できそうですよね。

そして美優が神殿にいたのも気になります。

ただ、ここ最近の流れを見ていると、毒の事件に美優は直接関係してなさそうな気がするので・・・。

なんとも言えません。

本当にアリスティアは、ルブリスの事を想っているのでしょうか?

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です