捨てられた皇妃【第132話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第132話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第132話】のあらすじ

それからほどなくして、騎士試験の合格通知が届きました。

六年間の努力が実を結び、ついに念願の「条件」を満たしたのです。

帝国歴964年9月1日。

騎士叙任式が始まり、アリスティアはルブリスの前に跪きました。

アリスティア「獅子に忠誠を。ビタに授かりしこの命、主君に捧げ奉らん。この身の血と肉、そして心臓はこれをもって主君に帰す」

誓いの言葉を黙って聞いているルブリス。

終わると、アリスティアは陛下を呼び・・・

アリスティア「私アリスティア・フィオニア・ラ・モニークは、モニーク一族五十四代目当主になる者として、皇室との誓いを受け継ぐことにいたしました」

ルブリス「まさか・・・」

急な誓いに驚くルブリス。

やめろ・・・聞きたくない・・・と言葉を震わせています。

捨てられた皇妃【第132話】のネタバレ

神に名を与えられてから、悩みに悩んで出した答え。

それがモニーク一族の血の誓いを引き継ぐことでした。

血の誓いを立てると、皇家に仕える身となり、皇位継承権のことは心配しなくてもよくなるのです。

だから誓いを継ぐ条件を満たすために、剣術を磨いてきました。

 

それでも誓いを続けるアリスティアですが・・・。

ルブリス「聞きたくないと言っている!!」

必死に止めようとするルブリス。

 

アリスティアは、そんな自分と閉ざした心にそっと手をかけてくれた彼を気にしてはいたのです。

知りたくなかった、この感情が何なのか。

あのとき込み上げてきた感情が、あの胸の高鳴りが、何を意味するのか・・・。

 

それでも頭を下げ、お願い申し上げるアリスティア。

もう二度と誰も慕わない、揺らぐ心と決別しなければならないと。

それは彼の為でもあり、自分のためでもあるのです。

この誓いを立てると、貴族派に命を狙われることも、真っ暗な未来を嘆き辛くなることもなくなるでしょう。

 

アリスティア「私の君主・・・よ」

ルブリス「・・・もう一度言ってみろ、何を望んでいるだと?」

望みは、モニーク一族の五十四代目当主として名を残すことだと伝えます。

ルブリスは鼻で笑い、アリスティアを諦めればモニーク一族の二代に渡る絶対的な忠誠を手にすることができるということは、犠牲に見合った対価だと言いました。

ルブリス「賢明な皇帝なら当然この誓いを受け入れることだろう。だが断る」

まさかの答えに驚くアリスティア。

血の誓いと言うのは、双方の同意がなければ成立しないとルブリスは言いました。

アリスティア「陛下?」

明らかに戸惑うアリスティアですが、ルブリスはその誓いを交わすことができないと拒否したのです。

ルブリス「そんな誓い、僕の全てをかけて拒んでやる」

そしてその場から立ち去るルブリスに、皆慌てだします。

 

 

ルブリスを追いかけるアリスティアは、急に彼に引っ張られます。

アリスティア「どうかもう一度検討していただけ・・・」

ルブリス「アリスティア、人々の目が気にならないほどいくら押し殺しても溢れるほど・・・君を想っている」

そして彼はアリスティアにキスをしました。

意を決し、彼を突き放すアリスティア。

ルブリスは明らかに、戸惑う表情をしています。

こんなはずじゃなかった・・・、まさかの状況にアリスティアも驚いています。

ルブリス「・・・すまない、君が嫌がることはしないと約束したのに、理性を失ってしまった」

だけど彼は本気で、忠誠なる臣下ではなく愛おしい恋人としてアリスティアを傍に置きたいのです。

ルブリス「僕ではだめなのか?侯爵としてではなく、僕の一人だけの伴侶として共に歩んでいけないだろうか?」

「君の事になると、僕は感情を制御することができない」

歩み寄れば離れていくアリスティアを、繋ぎ止めなくてはと愚かな行動をとってしまうと感じているのです。

多くは望まない、時期尚早だということも避けられていることもわかっているのですが、もう逃げないでくれとアリスティアにお願いしました。

アリスティア「一時的な感情を優先されるなんて、陛下らしくありません」

ルブリス「僕のこの想いのどこが一時的だと言うんだ?」

すぐに移り変わるような想いであれば、とっくに父や貴族派の提案を受け入れていたでしょう。

ゼナ侯爵令嬢である美優を迎え入れていれば、アリスティアを皇妃として傍に置くことだってできたのです。

ルブリス「僕がそのすべてを振り切ってきたのは何故だと思う?君に振り向いてもらいたいからだ」

何も答えることができないアリスティア。

するとこちらに向かってくる足音が聞こえてきました。

ルブリスに隠れるように言われ、身を隠します。

こちらに向かって来ていたのは、パパでした・・・。

ルブリス「どうした?モニーク侯爵」

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第131話】のみんなの感想

ルブリスは自分の気持ちをしっかりとアリスティアに伝えました。

彼の望んでいる結果にはならず、きっと必死になっているのでしょう。

これくらいではアリスティアの気持ちが変わらなかったのですが・・・。

パパの登場でどうなるか、気になります!

跡を継ぐ方に推すのか・・・、それとも・・・。

個人的には美優が良い思いをして欲しくないので、アリスティアのことを恋人として迎えるように動いて欲しいですね!

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です