捨てられた皇妃【第135話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第135話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第135話】のあらすじ

アレンディスが帰ってきていたと聞き、驚いているアリスティア。

アレンディスは、アレクシスが危篤だということをどこかで聞いたらしく、数日前に突然現れて後継ぎとしての素質の検証を受け、最後を見届けました。

アリスティア「今はどこですか?」

いつか戻るからそれまで待っていてくれと言われたそうで、どうしようもない息子だとベリータ公爵が言いました。

アリスティア「またどこかに行ってしまったのですか?」

ベリータ公爵「あぁ、あいつの身を案じていただろう?元気そうだったから心配はいらない」

アレンディスが無事たと聞いたことで、アリスティアは本当によかったと安堵しました。

あれからアレンディスの噂を一度も聞いておらず、何かあったのではないかと怖かったのです。

いつか帰ってくると信じながらも、自分が傷つけたせいで撮り亜ケシのつかない決断をしたのではないかと心配で仕方がありませんでした。

帰ってきてくれるのならば、またいつか会える。

そう信じています。

 

帰りの馬車の中でルブリスは、自分があの人達のように誰かの死を心から悲しんだことが無のかもしれないと、アリスティアに言いました。

皇后陛下とは壁がありましたし、実母は死んだことすら知りませんでした。

そして父である、前皇帝陛下のときは・・・。

先日アリスティアは、先代の陛下のお気持ちをお伝えしましたが、それでもまだ大きな傷として残っているんだと、目の前のルブリスをみて実感しました。

 

捨てられた皇妃【第135話】のネタバレ

自宅で報告書を確認しているアリスティア。

陛下のワイン担当の、イアン・ベルロットであれば、銀食器での検査にひっかからないように毒を盛れたはずだと推測されているのを確認します。

召使とつながっており、毒を入手するのも容易だったと考えられますが、どれも推測であり証拠がありません。

 

イアン・ベルロットは現在は中央宮に所属しており、皇帝陛下のワインを担当しています。

誠実な性格で同僚からの評判も良く、家族関係は夫人とは死別、娘は結婚。

誠実な人が召使と内縁の関係に?

皇帝派のベルロット子爵本家と仲がいいのに、貴族派に仕えていた召使とどうしてなのか、疑問が浮かびます。

召使はラニエル伯爵と接触している現場を何度も抑えられていますが、イアン・ベルロットは貴族派とのつながりを証明するのが難しいと言われています。

もっと確かな何かが必要だ・・・。

アリスティアが別の報告書に目を通すと、そこには毒見担当者が立て続けに乱暴な言動を周囲との不仲で解雇されている記録が残されていました。

これは毒の症状と同じ。

彼の食事に問題があったことを証言してくれるかもしれないと、思いついたのです。

 

アリスティアは神殿に行き、大神官に会いに行きました。

アリスティア「申し訳ございません。いただいたお手紙の確認が遅れまして・・・」

大神官「どうぞおかまいなく、私もここのところ少し慌ただしく過ごしておりました。

手元には小さな赤ちゃんがかごに入れられています。

そのこが六人目の大神官なのです。

アリスティア「首都を離れられる日程はお決めになりましたか?」

大神官「しばらく身を隠せそうにありませんので、クアルトゥスにここに来るように手紙を送りました」

ここにもう1人の大神官がいらっしゃるなんて、大陸の大神官の半分が帝国に集まることになります。

アリスティア「猊下にお話があります。実は数日前、毒の入手経路を調べていた時におかしな点に気づきました。どう考えても密輸入ではなさそうなのです」

どうやって国境を越えたのか、帝国では調合できない毒物であることを話します。

大神官「神殿を疑っていらっしゃるのですか?」

アリスティア「猊下はどうお考えですか?」

自信があるような表情を見て、大神官は二人は本当にそっくりだとため息をつきました。

誰の事なのか見当もつかないアリスティアは、不思議そうな表情をしています。

大神官「数日前、似た話を聞き驚きました。神殿の関与を疑われているのに、それを私にお話になっていいのですか?私もまた神官です」

アリスティアは大神官がご存知の通り、陛下まで危険が迫っていること、このままでは皇権が神権に干渉する事態が起こりかねないとし、黙って見守られるつもりかと問いました。

取引をしようと仰っているのか?と大神官は何が望みなのかアリスティアに聞きました。

アリスティア「これから首都にいらっしゃる大神官様のお力をお借りしたいのです」

大神官「私やクアルトゥスが拒めばどうされるおつもりですか?」

主神の代わりを務める太陽が、何者かに狙われているということが公になれば、国民たちは何を思うでしょうかと大神官に聞くアリスティア。

大神官はそう言われると返す言葉がないと笑い、代わりにアリスティアにも一つお願いがあると言いました。

大神官「私の代わりに今回の事件に関わっている者たちをみつけだしていただけますか?」

アリスティア「問題の毒物とその解毒剤をひと月以内にみつけてくだされば、ご希望にお応えいたします」

また難しいことをおっしゃると、大神官はため息をつきました。

大神官「わかりました。クアルトゥスの帝国訪問は、フィオニア様にとって大きなチャンスになりそうですね」

クアルトゥスは、まだ生まれたばかりのセクストゥスの世話で大変だというのに、どうしても今願いを叶えたいと言って聞かないことを話し始める大神官。

ひどい野郎だとつぶやきますが、アリスティアは不思議そうに見つめます。

アリスティア「願い・・・ですか?」

大神官「おっと。いずれフィオニア様にはお話しようと思っていましたので、今お話しましょう」

大神官には一つ秘密があるそうで、一生に入り度願いを叶えてもらえるそうです。

その代償は神聖力、大神官のすべてと言える神聖力をかけて願いを一つ叶えてもらうそうです。

これはモニーク一族の願いと少し似ているもの。

そう言われても、アリスティアにはどういうことなのか理解できません。

 

 

アリスティアは、イアン・ベルロットの娘の嫁ぎ先が怪しいと聞かされて驚いています。

まさか結婚という名目で監禁されているということなのかと聞き返します。

すると、危険をともなうことなので人質に取られている可能性が高いと説明されるのです。

それえはイアン・ベルロットは娘のために?

男爵の情報が事実ならば、今すぐイアン・ベルロットの娘を助けるわけにはいきません。

人質の彼女がいなくなってしまえば、動き出したことを気づかれてしまうのですから。

そしてゼナ公爵の後継ぎから密書が届きます。

ゼナ公子が望んでいるのは三つ。

現公爵に爵位を始めすべての権限を放棄させること。

自身が爵位を継げるよう、手助けすること。

ゼナ一族の資産および地位の七割以上を保証すること。

ですが陛下に毒を盛ったのがゼナ一族である可能性がある以上、二つ返事で応じるわけにはいきません。

公子が今回の事に介入していないのか、試す必要があります。

アリスティア「彼に、今私が望むのはたった一つと伝えてください」

 

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第135話】のみんなの感想

アリスティアが本格的に動き出しました。

ですが慎重に、問題なく動かなければなりません。

それを考えると、大神官に会えたことはラッキーだと言えるでしょう。

そして怪しい人物、イアン・ベルロット。

娘が拉致されているとすれば、それを助ける為に命令されて陛下に毒を盛った可能性も出てきます。

怪しまれずに毒を盛ることができる人物が少ない以上、怪しい人は徹底的に調べていく必要がありますね!

アリスティアが早く解決へと導けるといいのですが・・・。

なにより、大神官に「にている」と言われたもう一人は誰なのか気になります!

ルブリス?アレンディス?

いろんな人物が浮かびます・・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です