捨てられた皇妃【第136話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第136話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第136話】のあらすじ

ゼナ公爵の後継ぎから密書が届きました。

望んでいることは三つ。

現公爵に爵位をはじめ、すべての権限を放棄させること。

自身が爵位を継げるように手助けをすること。

ゼナ一族の資産および地位の七割以上を保証すること。

ですがゼナ一族が陛下に毒を盛った可能性がある以上、二つ返事で応じるわけにはいきません。

公子が今回のことに介入していないのか試す必要があるのです。

 

そしてアリスティアは、公子に「今私が望むのはたった一つ」と伝えるように指示を出しました。

捨てられた皇妃【第136話】のネタバレ

神殿へ向かうアリスティアは、途中枯れているバラが気になりました。

そして大神官は、主神の第四の根であるクアルトゥスを紹介してくれました。

金色の髪をしたクアルトゥスと挨拶を交わしますが、軽いノリの彼に驚いてしまうアリスティア。

クアルトゥスは、白髪だと年寄りみたいになるので染めているのだそうです。

話を聞いている彼は、自分の助けを出すには条件があると一言言いました。

クアルトゥス「私はセクンデュスとは違います。私が望むのはたった一つ、金です」

お金だと言われ、アリスティアは驚きます。

クアルトゥス「宗教が養ってくれますか?忠誠名誉品格、そういうのが生活を保障してくれますか?」

金がないと何もできないと主張するクアルトゥスを、大神官セクンデュスが止めました。

クアルトゥスは昔から孤児を支援しているそうで、王国たちの間で繰り広げられた局地戦により戦争孤児が増えて財政的に余裕がないのだそうです。

アリスティア「あっ、そういうことでしたか。もちろんです、私も資金援助いたします」

ありがとうございますと目を輝かせたクアルトゥス。

すると大神官セクンデュスは、まだ例の物は入手できていないのだが、調剤できるものを探しているので少し待ってほしいとお願いしてきました。

そしてアリスティアは、例の事柄に関する一次調査書結果の書類を渡します。

 

果たして最後に笑うのは誰なのだろうか。

神殿から出ようとしていると、美優とすれ違いました。

神殿に何か用があるのだろうか?

すると最初に目に入ったバラが気になりました。

アリスティア「あら?このバラ・・・さっきまで萎れてたのに。見間違いかしら」

バラはとても綺麗に咲いています。

 

ルブリスはアリスティアに、目を通しておくといいと書類を渡しました。

ルブリス「君の家に共同捜査権を渡した。ラニエル伯爵の件に関する宰相からの報告書だ」

内容を把握しておくと、役に立つかもしれないと考えてくれたのです。

 

モニーク侯爵令嬢、中毒事件の捜査中、関係者一名が自首し、ミルワー侯爵は首謀者だと供述。

ミルワー侯爵を調査したが、明確な証拠を見つけ出すことができなかった。

この事件への関与が明確な者、ハメル伯爵・ラニエル伯爵・レスレン伯爵・ホルテン伯爵(証拠不十分)

ラニエル伯爵に続いて、今度はミルワー侯爵。

ゼナ公爵は都合が悪くなれば、どんどん人を切り捨てていくのでしょう。

宰相側の調査官もゼナ公爵を睨んでいたでしょうから、ミルワー侯爵という予想外の人物が現れて困惑したに違いありません。

いくら調べても出てこないはず。

自白したからと侯爵を処罰するわけにもいきませんし、ゼナ公爵には明確な証拠がありません。

ですがどんなことを言っている場合ではありません。

犯人は、陛下にまで毒を盛ったのです。

 

するとプリンシアがいらっしゃっていると報告が入りました。

ルブリスは席を外してもらえるかとアリスティアにお願いし、彼女は少し部屋から出ることにしました。

部屋を出たアリスティアは、機密文書を押してきてしまったことを思いだします。

慌てて戻ったところ、ルブリスと一緒にいるプリンシアの腕には赤ちゃんが抱かれているのが目に入りました。

そう言えば数日前、無事に生まれたという知らせを受けたことを思いだしたアリスティア。

すると急に胸が痛みだし、苦しさも感じ出したのです。

ここでアリスティアは、子を産めなくなりルブリスをあんな風に笑顔にすることができないという事実が辛いんだと気づかされました。

 

かつて懐妊したことを知ったとき、お腹の子さえいれば彼に振り向いてもらえるのではと期待していました。

彼の気を引く道具の一つにしか思っていなかったので、流産した時も子を失ったことではなく、彼の気を引くことができなくなることで胸を痛めました。

無事に生まれていたら、この胸で抱くことができたのだろうか・・?

プリンシアのように眩しく笑うことができたのだろうか?

生れることもできずに旅立ってしまった子、哀れな最期を迎えても誰にも涙一粒流してもらえなかった子。

アリスティアは自分は残酷な女だったと感じており、子を守ってやれなかっただけでなくもう二度と産めない体になったときも、悲しみより劣等感に苛まれていたのです。

悲しみと罪悪感、健康だったら、彼の思いを受け入れられる立場だったら・・・と思わず涙が溢れます。

 

アリスティアがいることに気づいたルブリスとプリンシアは慌てました。

アリスティア「申し訳・・・ございません陛下、見苦しい姿をお見せ・・・して・・・」

涙を止めることができないアリスティアを、ルブリスは抱きしめました。

ルブリス「こうすれば誰にも見られない、我慢せず・・・思いっきり泣くんだ」

あのときもこうして抱きしめられていたら・・・、あのときのことを思いだして惨めになることも、拒むしかなくて彼を傷つけることもなかったでしょう。

何も心配せずに彼を愛し、失った子にも愛情を注ぐことができたはずなのに、皆幸せになれたはずなのに・・・。

ルブリス「アリスティア、僕は・・・子がいなくたってかまわない、君と一緒ならそれでいい。だから・・・」

アリスティアは涙を流しながら、彼の言葉に耳を傾けます。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第136話】のみんなの感想

アリスティア、辛いですよね。

プリンシアが悪いわけでもないのに、涙を流してしまう。

そんな自分も嫌でしょう。

ルブリスの優しさも嬉しかったでしょうが、これが生まれ変わる前だったらまた違ったかもしれませんね。

不安や悲しみを経験したアリスティアですから、簡単に心を開くことは難しいでしょう。

早く毒を盛った犯人を見つけ、大神官に解毒剤を何とかしてもらえれば・・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です