捨てられた皇妃【第138話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第138話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第138話】のあらすじ

記念祭が終われば、すぐさまイアン・ベルロットの娘を助け出し実行に移そうと、ルブリスは言いました。

アリスティアはなぜか順調に進んでいるはずなのに、調べれば調べるほど影がかかっていくような気がしているのです。

 

アリスティアに、建国記念祭の準備で忙しいからと、このことからは手を引くようにルブリスは伝えました。

そうすると答えながらも、手を引いてしまえばここにくることはないと思うと、なんだか違う気持ちが湧いてくるのです。

ルブリス「ただし、週に一度は進歩状況を報告しにきてくれ」

アリスティア「はい?」

ルブリス「あっ、もちろん君ならうまくやってくれると信じているが、神殿との問題もあるため把握しておきたくてね」

少し恥ずかしそうに言いました。

ですがそんな様子にアリスティアは気づいておらす、わかりましたとだけ答えたのです。

ルブリス「・・・よかったら少し歩かないか?」

 

そしてやってきたのはあの木の場所です。

アリスティア「まだ咲きませんね・・・」

ルブリス「この花は君に似ている」

大きな危機に瀕しても打ち勝つところ、なかなか開こうとしないところまで・・・。

ルブリス「あの蕾が開くころには・・・君も僕に心を開いてくれるだろうか?」

いつからこうなったんだろうとアリスティアは考えていました。

もう二度と彼を愛したりしないと誓ったのに、どうしてまた彼に心を奪われてしまったのだろうかと。

結ばれない運命だということを、傷しか残らないということを知りながら・・・。

どうしてなのだろうと、ずっと考えてしまうのです。

捨てられた皇妃【第138話】のネタバレ

剣の練習をしているカルセインの元に、アリスティアがやってきました。

アリスティア「カルセイン?練習試合?それも一対一じゃなく複数を相手に?」

なんだかスカッとしたくてと、カルセインは言いました。

アリスティア「私とも勝負してみる?私もなんだかモヤモヤしてて」

カルセイン「どうしたんだよ?嫌なことでもあったのか?」

チビがいっちょ前になったもんだと、アリスティアの頭にタオルを乗せました。

カルセイン「悩んだりすんの、おまえには似合わねーぞ」

アリスティアの頭を撫でながら、空気読めずにのほほんとしたお前はどこにいったんだ?と言うのです。

恥ずかしくなったアリスティアですが、カルセインは真剣です。

カルセイン「変わるなって」

アリスティアは頭に手を当てました。

カルセイン「おまえさ、最近忙しいのかしんないけど、オレの事放置し過ぎ」

全然顔を出さないし、執務室に閉じこもってばかりで、手紙すらくれず騎士団でも見かけないとグチります。

忙しくても連絡くらいは取り合おう、じゃないと俺でもいじけてしまうと微笑みました。

アリスティア「うん、そうだよね。ごめんね」

カルセイン「よし、それなら建国祭が終わったら二日ほど空けといてくれ」

二人は約束しました。

準備頑張れよと言いながら、カルセインは行ってしまったのです。

 

それからしばらくして大神宮に会ったとき、もう一度取引の内容を確認し、最高位の神官による不正履歴を受け取りました。

大神官の表情が険しかったので、近いうちに何か問題が起きるはずだと推測します。

そうなれば、最高位の神官は不正の隠ぺいで余裕がなくなり、皇室行事に関われなくなるはずです。

もちろん、ゼナ公爵も貴族派も、神官の協力を得られなくなります。

建国祭予算は確定しました。

アリスティア(結局、私の案が通過した。美優の意見も悪くはなかったけど、貴族らしさには欠けるのよね)

なんだか可哀想だと、美優を見て思いました。

話題は陛下のパートナーの話に変わります。

前回の建国祭同様ゼナ公爵令嬢とモニーク侯爵令嬢の二人を交代で同伴させようかと意見が出ます。

ですが、モニーク侯爵令嬢が三日間務めるべきだという意見があがり、アリスティアが次期皇后にとの意見で合致したはずだと声が上がります。

「正式に婚約を破棄されたわけではないのですから、今はまだモニーク侯爵令嬢が陛下の婚約者であることをお忘れになってはいけません」

その話を聞いたアリスティアは驚きます。

正式に破棄したわけではないとはどういうことなのか!?

もう絶対に彼と関わってはいけないと、やっとの思いで婚約破棄の移行を伝えて胸をなでおろしていたのに。

まだ婚約者のままだったなんて、意見を尊重してくれると言っていたのは嘘だったんだと怒りが溢れてきます。

アリスティア(でも・・・どうして、私・・・ほっとしてるの?)

申し出に真摯に向き合ってもらえなかったという怒りの中に、それほど想われているのかという喜びを感じてしまいました。

なんて矛盾した感情なのだろうか・・・。

 

ルブリス「すまない。君を騙そうとしたわけではない」

「・・・手放そうと思った。引き留めていては傷つけるだけだと何度も諦めようと思った」

ですが彼には到底公式文書に書き記すことができなかったのです。

完全に縁が切れてしまいそうで、つい先延ばしにしてきたんだと正直に言いました。

アリスティア「私は、陛下と並んで立つ資格のない女です」

ルブリス「僕にはひとかけらの希望もないのか?」

それとも周りの目を気にして拒んでいるのかと、アリスティアに詰め寄ります。

アリスティア「・・・どのような理由であろうと変わりません」

ルブリス「僕は君の前では、皇帝ではなく一人の男でありたい」

アリスティアに答えて欲しいとお願いしました。

ルブリス「政治や身分は忘れ、一人の女として、君は僕をどう思う?」

アリスティア「陛下は過去ではなく、未来を歩んでいかれるお方です。過去でしかない私の事はもうお忘れください」

君は実に残酷だ・・・と、ルブリスは言いました。

アリスティアの目はそうは言っていない、その目が何を訴えているのか聞いているんだと、彼は何かを感じているのです。

ルブリス「少しは好いてもらえているのではと思ったが、僕の勘違いだったのか?それとも、その小さな心すら閉ざさなければならないほど、大きな何かを君はその目の奥に隠しているのか?」

時を遡る前の事、ありのまま話してしまえばどうなるのだろうとアリスティアは思いました。

初めてできたお友達のアレンディスですら、信じてくれなかった話をありのまま話せば・・・。

ただでさえ苦しみの最中にいる彼の傷をえぐる必要はないのです。

ルブリス「何があっても僕が君を守ると約束する」

アリスティア「申し訳ございません、陛下」

それでもルブリスは引かず、君は僕が他の人と並んで歩く姿を見ることができるのか?と問います。

アリスティアでない他の人を皇后に迎え、共に生きていく姿を見ることができるのかと。

アリスティア「すべては時が解決してくれることでしょう」

ルブリス「・・・それが君の答えか。わかった、君がそう言うのなら」

「嫌がるのを無理に引き留めようとして悪かった。もう二度とこの話はしないから安心してくれ」

そしてルブリスは去っていきました。

アリスティアは下を向いて、これでよかったんだと自分に言い聞かせています。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第138話】のみんなの感想

 

久しぶりにカルセインが出てきて、ほっとしました・・・。

ですがアリスティアは、ルブリスて拒否したのです・・・。

これがかなり気になります・・・。

もうこのままでは、彼が手を差し伸べてくれることがすくなくなるかもしれません。

アリスティアはそれを望んでいるのかもしれませんが・・・。

まだ毒の件も解決していないですし、心配なことが多すぎます!

何か一つでもいい方向へ進むと良いのですが・・・。

美優がアリスティアの背中を押してくれないかな・・。

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です