捨てられた皇妃【第140話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第140話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第140話】のあらすじ

全員このことは誰にも言わないようにと、ルブリスは言いました。

 

アリスティアが皇宮医の診断を伝えると、パパは声を震わせて喜んでくれました。

パパの腕の中で喜びを嚙み締めます。

それなのに、どうして胸が苦しいのだろうか・・・。

どうして泣きたくなるのだろうか?

 

心を落ち着かせる暇もないまま記念祭が終わり、その翌日には政務会議が開かれました。

いつもと違い伯爵以上の者は全員出席するようにとのことです。

三日前。

休憩室にいたベアトリーシャは、リサ王国の第三王子に見つかり、フェデン卿と亡命したことを責め立てられあのようなことが起きたそうです。

今の彼女は帝国の貴族。

他国の王子であろうと、許せないことでした。

欠席者は1人、ミルワー侯爵。

彼を除いた貴族全員でリサ王国への対応を話し合い、リサ王国の王子と伯爵以上の貴族令嬢を、人質代わりに帝国に留学させることで話がまとまりました。

捨てられた皇妃【第140話】のネタバレ

大神官の二人に、ルブリスはお礼を伝えます。

二人がいたからこそ、建国祭は無事に終えることができたのです。

ルブリス「食事も済んだことだ・・・呼んでくれ」

すると部屋に入ってきたのは検査官の人たちです。

どうして検査官がここに?と、皆は不思議がっています。

 

ルブリス「数日前、僕は気を失った。過労がたたったのかと思ったのだが、健康そのものだった僕があの程度の業務量で倒れたことに違和感を覚えた」

「あの日から考えてみたのだが、どうも毒の中毒症状に似ているのだ」

貴族たちは、誰かが陛下に毒を盛ったということなのか!?と驚きます。

ルブリスはそれを今日、みんなの前で検証してみようと考えているのです。

ゼナ公爵がどう出るか楽しみだと、アリスティアもその様子を見つめています。

陛下と自分が盛られた毒とその解毒剤を大神官が用意してくれました。

そして今日、あの更にはその毒を仕込んであるのです。

ゼナ公爵邸に人を送り込み、秘密金庫から例の判を持ち出させることに成功したのですが、公爵が黒幕だという明確な証拠はありません。

それでもうまくいけば、罪を暴くことができるはずだと、アリスティアは考えています。

ワイン担当の娘を人質に取っている点、毒を密輸した神殿の高位神官と接点があるという点。

密輸した毒を運搬した商談の主が、ゼナ一族の親族である点。

間違いなくゼナ公爵が犯人なのです。

 

そして毒物反応が出ました。

二人の大神官は、毒で間違いないこと、ルブリスに毒の中毒症状が出ていたことを証言しました。

ルブリス「僕に毒を盛ったものがいるということだな」

「貴族全員の自宅謹慎を命ずる。明日のこの時間に大会議を行う。首都にいる貴族は全員出席するように」

ついに、待ちわびていた瞬間がやってきました。

ルブリスに盛られた毒が、アリスティアに盛られたものとおなじだということがわかりました。

どの二つの事件の犯人を見つけ出すために大会議が開かれ、全員出席の命令のもと、大きな会議場は貴族で埋め尽くされました。

 

ベリータ公爵の文書によると、アリスティアの飲み物を担当していた召使の死により難航していた捜査が、宴会場で飲み物を運んできた使用人の証言で進展したのだそうです。

まずはビヤ男爵。

去年の建国記念祭の宴会で、ルブリスの名前を使いアリスティアに毒入りの飲み物を渡すように使用人に指示したのか確認されました。

彼は認め、エネン男爵、ソイ男爵、ケート子爵の四人で毒を盛らせたこと、そのすべてがラニエル伯爵の指示だったことを供述しました。

他にもラニエル伯爵に指示されたことを問いただすと、万が一に備えて召使をもう二人用意するように言われ、アリスティアが倒れた直後に全員殺害。

現在皇室に残っている者はいないと答えます。

ベリータ公爵「あなたが用意した召使はまだ生きているはずです。その召使に皇帝陛下のお飲み物にも毒を盛らせたのではないですか?」

皇帝陛下の飲み物にだなんて、そんなはずはないとビヤ男爵は否定しました。

ルブリス「ビヤ男爵、正直に話した方がいい。万が一噓偽りがあれば、僕はそなただけでなくビヤ一族全員を反逆罪で斬首刑に処す」

みんながざわつき始めます。

次はリサ王国との交易及び、関税を担当しているエネン男爵への追及です。

エネン男爵は神殿を通してリサ王国から毒を密輸した容疑を否認しましたが、とある神官に寄付金を持続的に渡してきたことが明らかとなり、その神官と商団主が裁判に召喚されました。

リサ王国の物品を輸入し帝国で販売している商団主、バルバ・ロアンは、毒を密輸した事実はないと主張しました。

ベリータ公爵「バルバ・ロアン、事実を話しなさい。モニーク侯爵令嬢を害す目的で使われていることを知りながら、毒を密輸したのえはありませんか!?」

戸惑うバルバ・ロアンですがここでエネン男爵が、これは自白の強要だと主張lし始めます。

自分たちは無実で、毒だと知っていれば神官に渡すことなどないと否定するのです。

バルバ・ロアンは二年ほど前、首都にいらっしゃる神官たちに渡す貴重な薬が必要だと頼まれて、何度か仕入れたことがあると言いました。

他の神官に知られると困るから、黙っているように言われたため否定しましたが、まさか毒だなんて知らなかったん主張。

するとその神官ソレルに、ベリータ公爵は事実なのか確認します。

ソレルはそうだと答え、彼もまたそうするように指示をされたのだそうです。

そのような意図があったんだとは思ってもいなかったそうで、指示されたことを証明できるものも持っているのです。

それはリサ王国でしか採れない珍しい薬を入手するのを手伝ってほしいという内容のもので、検疫でみつかれば持ち込めなくなるので、神殿で代わりに入手して欲しいと書かれていたのです。

神官ソレル「薬だとしか聞いておりません、本当です!保管しておりますので、お見せいたします!」

エネン男爵はソレルが自白したことで戸惑いを見せます。

ルブリス「・・・全員投獄しろ。ただし神官ソレルは神殿に配慮し、サンクトゥス・ビタに委ねる」

 

そして次はラニエル伯爵。

毒殺計画の主導者であり、エネン男爵と神殿を利用してリサ王国から毒を密輸したこと、建国記念祭の宴会でルブリスの名前を使いアリスティアに毒入りの飲み物を飲ませた事実を認めるか、ベリータ公爵が聞きます。

はい、と答えたラニエル伯爵。

ラニエル伯爵「すでにすべてご存知のことでしょう。逃げも隠れもいたしません」

そんなり見つめてしまった彼を見て、ゼナ公爵と口裏を合わせていたのではないかとアリスティアは疑問に思います。

アリスティアが盛られた毒は二種類。

長期に渡り少量ずつ摂取することで体内に蓄積するものと、その蓄積した毒の毒性を高めるもの。

ベリータ公爵「あなたはその後者を使用したことを認めましたが、前者の毒物を長期に渡り第一騎士団の召使を使って、侯爵令嬢の飲み物に盛らせたのもあなたですか?」

ラニエル伯爵「どちらの毒も私が持ち込んだもので、宴会にて使用人に毒の入った飲み物を渡させたのは私ですが、第一騎士団の召使を使って毒を盛らせたのは私ではありません。あの事件に関与した者は別におります」

それは・・・、ホルテン伯爵とレスラン伯爵、そしてハメル伯爵だと言い出しました。

名指しで関与をばらされた伯爵たちは否定しますが、まだラニエル伯爵は暴露します。

ラニエル伯爵「それから・・・首謀者はミルワー侯爵です」

それを聞いた貴族やアリスティアは驚きます。

その主張を立証できるかラニエル伯爵に問いますが、ミルワー侯爵は慎重な人物なので証拠は残っていないそうです。

ですがミルワー侯爵が反逆を企てたことは紛れもない事実だと、はっきり答えました。

ルブリス「・・・ラニエル伯爵、なぜそれを知っている?」

ラニエル伯爵「はい?」

ルブリス「モニーク侯爵令嬢が中毒を起こしてからずっと監獄にいた伯爵が。何故今ここにいる者たちですら昨日まで知らなかった反逆の事実について知っているのかと聞いている」

監獄にいる間は外部との接触は不可能であり、彼が監獄に入る前から反逆計画があったのだろうと、ルブリスが問いました。

その瞬間、ラニエル伯爵の表情が変わります。

ラニエル伯爵「い・・・いえ!私は何も存じ上げません!私はモニーク侯爵令嬢毒を盛りましたが、主神に誓って反逆に関わったりなどしておりません!」

謹慎令に背いた何者かが皇宮の監獄に侵入して、接触したというのか?と伯爵に問います。

彼はミルワー侯爵公爵だと主張し、首謀者からの最後伝言だと言われたんだと答えました。

ルブリス「それは不可能だ、ミルワー侯爵は一昨日から首都を離れている」

ラニエル伯爵「そ・・・そんな・・・」

他の伯爵たちは名前が出たので調査を受けてもらうことになり、拘束はされませんが自宅を離れることができなくなりました。

もちろん、ここにいないミルワー侯爵とホルテン伯爵もです。

ラス公爵に騎士を派遣して、二人を首都に呼び戻すように命令ました。

ルブリス「この場にいる者全員裁判が終わるまで、首都を離れることを禁ずる!それに背いたり招集に応じない場合は、反逆に加担したとみなす!」

 

そして執務室に戻った後、ルブリスはある書類を作成しました。

ルブリス「もっと早く片付けておかねばならなかったのだが」

それは婚約破棄書です。

この文書を公式記録に残すように、ベリータ公爵に渡しました。

できるだけ早く処理をしてもらうと助かるが、一連の出来事が終結するまでは保管しておくようにお願いします。

アリスティアは、少し寂しそうな表情をしているのです。

 

その後アリスティアは大神官の元へ向かいました。

取引はこれで終了だとし、頭を下げました。

大神官「そべてはビタのお導きです。お二人から同じことを頼まれたのも」

アリスティア「猊下、それはどういう・・・!?」

アリスティアから依頼を頂く前に、すでに同じことを陛下から頼まれていたのだそうです。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第140話】のみんなの感想

裁判がひとまず終わりました。

どんどん出てくる伯爵たちの証言。

アリスティアはどんな気持ちで聞いているのでしょうか?

はっきりと真実がわかり、黒幕であるだろうゼナ公爵にまでたどり着けるといいですね。

 

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です