捨てられた皇妃【第143話】のネタバレ・感想!

漫画「捨てられた皇妃」はiNA先生の作品です。

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」

未来の皇后として育てられた彼女だが、ある日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに…

そんな中反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが…

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

スポンサードリンク

 

捨てられた皇妃【第143話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

捨てられた皇妃【第143話】のあらすじ

アリスティアが目を覚ますと、皇宮にいました。

思わず驚き、起き上がってしまいます。

アリスティア(・・・まさか、時を遡ったのもこれまでのこともすべて、夢・・・?)

するとベッドのカーテンが開き、パパが抱きしめてくれたのです。

パパ「気が付いたか、ティア」

この6年間は、夢や幻じゃなかったんだと分かり、アリスティアは安心します。

パパ「ティア、家を継ぐという意思に変わりはないか?実は私は陛下をよく思っていなかった」

ルブリスは温かい方ではなく、主君としては申し分ないのですが、アリスティアを嫁がせるのは気が引けてしまったのです。

ですがアリスティアが、必死にルブリスへの想いを閉ざそうとしてるように見えているんだと話しました。

パパ「私はおまえがどのような答えをだしても応援する。だからお前が望む道を選びなさい」

そう言って微笑んでくれました。

アリスティアは急いで部屋から出て行きます・・・。

捨てられた皇妃【第143話】のネタバレ

ルブリス「もう起き上がっていいのか?」

アリスティア「はい殿下」

ルブリス「今取り調べを行っている。襲撃者を二人逮捕したから、黒幕の正体はすぐにわかるはずだ」

胸に矢を受けて死亡した見習い騎士以外は、全員無事なのだそうです。

そう話しているルブリスは、全くアリスティアの方を見てくれません。

ルブリス「・・・破婚届は宰相に渡してある。今日中に正式に受理されることだろう」

だからもう君は自由だと、アリスティアに言うのです。

アリスティア「陛下、もう何も心配しなくて・・・」

そのままルブリスを抱きしめました。

アリスティア「あの日息絶えそうになっていたとき、最期だけでも陛下の腕の中で迎えられたことを幸せに思いました」

そしてもっと早く気づけていたらどれほどよかったんだと、後悔したことを伝えます。

ルブリス「僕の・・・聞き間違いか?」

「君も僕と同じ想いだと・・・いうことか?」

アリスティアは微笑み頷くと、ルブリスは立ち上がり抱きしめました。

ルブリス「同じ空の下生きていければそれでいいと、遠くから見守ることができてばそれでいいと、君さえ助かれば他に望むことは何もないと願ったのに・・・」

ありがとうございますと、神への感謝の気持ちを口に出しました。

 

アリスティアが眠っていた間に起きたことを、ベリータ公爵が話してくれました。

刺客を送ったのは予想通りゼナ公爵だということ。

ミルワー侯爵がアリスティアたちの味方になったこと、ゼナ公爵が毒殺を指示した書類が見つかったこと。

アリスティアを狙った殺人計画があったことを美優が証言してくれることになったこと。

そして助けてくれたのが、美優だったということ・・・。

美優はどうして助けてくれたのだろうか・・・?

 

大神官が駆けつけたとき、アリスティアはすでに回復の見込みがない状態だったそうです。

生命力が底をつき、脈も極めて弱い状態で、大神官すら諦めたときに美優の神聖力を感じたのだそうです。

大神官「これまで一度しか見たことのない、それはそれは濃く強い神聖力でした」

美優の神聖力は人には効かないと聞いたことを思い出します。

まさか「願い」を使ったのでしょうか・・・?

だとすればどうして自分のために使ったのか、アリスティアには見当もつきません。

それから、騎士スピアは死んだそうです。

スピア卿はゼナ一族の傘下にあった商団の娘に想いを寄せていましたが、アリスティアが商団を摘発したことでその娘が遠くに嫁いでしまったため、怒りの矛先を彼女に向けたのです。

成人式の日、アリスティアの馬の手綱とむながいを切ったのもスピア卿。

あの日陛下に会えていなければ殺されていたのかもしれません。

そしてついに、ミルワー侯爵とゼナ公爵の裁判が始まりました・・・。

 

ミルワー侯爵「私はほう助しただけです。指揮したのではありません」

「一連の事件の首謀者は・・・ゼナ公爵です」

会場がどよめきにつつまれています。

ミルワー侯爵は首都に来たばかりの頃に、ゼナ公爵から圧力をかけられたこと。

系派内での立場もあり、ゼナ公爵と手を組むしかなかったこと。

ゼナ公爵にアリスティアの毒殺を指示されたとこまで供述しました。

彼はあらゆる手を使い公爵を止めようとしましたが、公爵はそれを無視してアリスティアとルブリスに毒を盛る計画を強行し、計画に従わなければ罪を着せるとミルワー侯爵を脅したのだそうです。

ゼナ公爵「陛下、あの者は嘘ばかりを並べております」

彼の反応は予想通りでした。

アリスティアの飲み物に毒を盛ったメイドの内縁の夫、イアン・ベルロットは娘を人質に脅しを受けていたと証言。

皇宮医のノーヴェ・スナールは、医療事故を起こしたことをゼナ公爵に知られ、弱みにつけ込んだ脅しに負けて陛下の箝口令に背き、ゼナ公爵にアリスティアの容態を報告したと自白しました。

ですがゼナ公爵は、その者たちは嘘をついていると表情一つ変えません。

もし毒殺計画に気づかず、今もなお毒を盛られていたら?

そのまま美優が皇后となり、後継ぎを産んでいたら?

ゼナ公爵が帝国を手中に収めることも可能だったかもしれません。

皇帝を退かせ、幼い皇帝の祖父として権力を行使する暴君となっていたことでしょう。

ミルワー侯爵「ゼナ公爵が首謀者であることを指し示す文書がございます」

「これは公爵が私に宛てたものです。皇帝陛下に毒を盛る計画が書かれています」

ゼナ公爵「そんな文書私は知らない。私が送ったという証拠があるのか?」

するとベリータ公爵が、文書の印を調べた結果、ラス一族で使用される前にゼナ公爵一族が使用していたことがあきらかになったと証言しました。

ですがゼナ公爵は、数百年も前の話を根拠に自分を犯人に仕立て上げるのは無理があると否認するのです。

これではラス一族に犯人がいると考えるべきだと言うのが、ゼナ公爵の主張です。

ベリータ公爵「ゼナ公爵邸の隠し倉庫から、同じ文様の印が見つかったが?」

「その文様に押されたものと完全一致することも確認済みだ」

するとゼナ公爵の表情が変わりました。

ゼナ公爵「貴様・・・!よくも・・・!」

ベリータ公爵「ゼナ公爵は十年前に先代の皇帝陛下がくださった機会を無下にしたのだ!」

「ボレンテ・カスティーナ、この帝国から消えてもらおう」

ずるとゼナ公爵は顔を真っ青にして、その場に倒れてしまったのです。

 

そして判決。

ゼナ公爵とその直系血族は全員斬首刑に処されることになりました。

ゼナ公子「アリスティア・ラ・モニーク!よくも裏切ったな!」

アリスティアは約束を守ろうとしましたが、隠れて反逆に加担していた方が悪いのです。

>>捨てられた皇妃のネタバレ一覧はこちら

捨てられた皇妃【第143話】のみんなの感想

まさかの助けてくれたのは美優。

そして、ルブリスとアリスティアは無事にお互いの気持ちが通じました!

長居道のりでしたが、なんとも嬉しい・・・。

二人はもっと強い絆で結ばれることでしょう!

もう時を遡る前と同じようにはならないはずです。

 

ゼナ公爵も言い逃れできない状況となり、ミルワー侯爵は本当はアリスティアたちを助けようとしてくれていたことがわかりました。

そして美優はどうなるのでしょうか・・・?

まとめ

以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。

ピッコマのみの限定配信だったのですが、2019年4月15日より、電子書籍サービスmusic.jpにて配信がスタートしました。

1巻972円なので、残念ながらお試し期間の無料ポイントで読む事はできません。

しかし、U-NEXT、FOD、music.jpといったサービスはチェックしておくと、好きな作品を無料で読めるかもしれませんね。

▶︎好きな漫画を無料で読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です