ピッコマ|テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のネタバレ・感想!

漫画「テムパル〜アイテムの力〜」はTeam Argo先生の作品です。

晴れてアイリーンの婿となれた巧(グリード)でしたが、カンじいさんの鍛冶場に戻った途端、同じギルドに入ってきたばかりのユーザーであるトゥーンから一方的な喧嘩を売られてしまいます・・・。

そんな窮地をレガスが助けてくれたと同時に、巧(グリード)が探し続けていた「神聖の盾」が見つかった朗報を聞かされます!

>>テムパル〜アイテムの力〜のネタバレ一覧はこちら

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のあらすじ・ネタバレ・感想

ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。

テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください!

テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のあらすじ

カンじいさんの鍛冶場に戻った途端、同じギルドに入ってきたばかりのユーザー・トゥーンから一方的に喧嘩を売られたことで、巧(グリード)の方も仕方なく応じますが・・・彼の腕力の強さは想像を遥かに超えた恐るべきものでした!

これまでマラクサスやジャイアントギルドのメンバーたちを倒してきたことで油断していた巧(グリード)も「上位ランカーの強さ」を肌で感じます。

桁違いの強さで攻められる巧(グリード)の方も全力で戦いに臨もうと決めた矢先・・・レガスが助けに来てくれました!

レガス「巧(グリード)さんに失礼ですよ!」

いつも温厚なレガスが、トゥーンの行動に対しては珍しく怒っています。

そんな彼の様子を見たことで、トゥーンを始めとした新人メンバーたちは、まだギルド内に馴染めていないことを悟ります。

しかし、そのトゥーンはレガスからの強烈な蹴り攻撃をまともに喰らっても、ほとんどダメージを受けていないように立ち上がってきます。

トゥーン「いつか、あんたとも戦うつもりだったけど、2対1はちょっと辛いな・・・」

そう言いながら、前回で自分から吐き捨てた唾の掃除もしないまま立ち去ってしまいます。

 

そんなトゥーンの自分勝手な行動に再び怒りを露わにする巧(グリード)ですが、今度は彼の方が制止されてしまいます。

レガスもまた、トゥーンの恐ろしさは理解しているようでしたが、そんな中で彼から思わぬ朗報を聞かされます。

レガス「それより巧(グリード)さん、神聖の盾を見つけましたよ!」

レガスからの話では盾は「レベッカの娘の一人」が持っているそうです。

レベッカ教の最高位聖騎士3人をそう呼ばれており、レガスも既に訪れていたものの、完全に断られたことで会うことすらできなかったのです。

そこまで聞かされた巧(グリード)もまた「レベッカの娘」とイザベルの存在を思い出します。

さらに彼女たちの強さはヤタン教の2番目や3番目のしもべにも匹敵する程の強さを誇ります。

 

ここまで聞かされたことで巧(グリード)の気持ちはさらに下がりますが、ジシュカからの伝言で「遠慮せず行ってこい」と言われたため、速攻でレベッカ教皇庁へと向かいます。

またもや空を移動する形で教皇庁へ向かう中、複数のガーゴイルたちを倒しては、その北に位置するローリング村へと降ります。

自分の装備の耐久度が落ちた矢先に、村の鍛冶場を発見したため、勝手に溶鉱炉を使い始めては、そこの主であるレクターから叱られてしまいます。

そんなレクターを圧倒的な実力を見せつけることで黙らせると同時に、レクターからの言葉が速攻で称賛に変わります。

 

鍛冶場を使わせてもらったお礼を言って、レクターに別れを告げながら、再び教皇庁へ向かいますが・・・そこで過ごしているイザベルにも大きな異変が襲いかかってきます!

テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のネタバレ

巧(グリード)が向かう教皇庁では、彼の知らぬ間に大きな異変が起こり始めていました。

イザベル「まったく教皇様は、あんなことばかりに、ご熱心ね!」

久々に登場した途端、現教皇のことで陰口を叩くイザベルですが、側近のカーサスから制止されてしまいます。

 

現教皇であるドレヴィゴは、完全に欲望に支配されては堕落の一途を辿っていたのです。

そんなイザベルの陰口に気づいた本人が2人の前に現れるとイザベルとカーサスは速攻で膝をついては忠誠心を示します。

それでもイザベルの方から「神聖の盾」について話し始めます。

「神聖の盾」に暗黒の魔力が宿ると、その魔力が全て「暗黒の魔力」へと変換されてしまうのです。

ヤタン教が盾を狙っていたのは、そうした機能に目をつけたためでした。

イザベルから、そこまで聞かされたドルヴィゴもまた、保有している国家から全て回収することを話してきます。

イザベル「それでは私が聖騎士たちを指揮して、盾の回収に向かいます」

ドレヴィゴ「いや、お前には他にやってもらうことがある!」

盾の回収を立候補してきたイザベルを否定すると共に、ドレヴィゴの方からは全く違う内容の命令を下されてしまいます。

ドレヴィゴは昨晩に神託を授かったものの「まもなく娘のうちの一人が自分を裏切る」と聞かされていたのです。

ドレヴィゴ「それはリンしか考えられんだろう?リンを捕らえ、捧げるのだ!」

あまりにも意外かつ残酷な命令内容に対して、イザベルの方からも強く否定しますが、ドレヴィゴから強く首を締められたために反論どころか逃げることすら出来なくなってしまいます。

ドレヴィゴ「2日間、時間をやろう。リンを捕らえてこい!私の命はレベッカ様のご意志なのだ!」

あまりにも堕落したドレヴィゴの姿や行為を横から見ていたカーサスもまた、イザベルの心配をすると共に「レベッカ教の行く末を案じています。

 

一方、イザベルの苦しみを全く知らぬまま、経由地にまで辿りついた巧(グリード)は「ドンパオ」いうなの司祭ユーザーから声をかけられると共に「一緒に行きませんか?」と誘われます。

>>テムパル〜アイテムの力〜のネタバレ一覧はこちら

テムパル〜アイテムの力〜【第63話】のみんなの感想

トゥーンとのアクシデントに関しては、レガスの、おかげで、ひとまずは逃れられたから良かったものの・・・「上位ランカー」として桁違いの強さを誇る彼と、あのまま戦っても巧(グリード)に勝ち目はほぼなかったでしょうね。

そして「神聖の盾」のために教皇庁に向かうものの、そこで完全に堕落してしまったドレヴィゴもまた、油断できない相手ですよね!

まとめ

「テムパル〜アイテムの力〜」のネタバレを紹介しました。

漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。

無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

漫画好き必見!好きな漫画を無料で読む方法!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

好きな漫画を無料で読めるサービスまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です